skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

Amazon SESでのメール送信

投稿日:

前回、AWSでのメール受信についてかいたので今回はメール送信に関して。

送信の場合、下記のような流れになります。

基本のセッティング

  1. SES画面から入り、「Email Address」をクリック
  2. 「Verify a New Address」から持っているメールアドレスを入力
  3. 認証確認のメールがくるので送られてきたメールをクリック。
  4. Email Addressの画面で「Verification Status」がverifiedになっていればOK
  5. 「Send a Test Mail」でメール送信

参考URL

AWS SESでのメール送信環境を構築する(Amazon Simple Email Service)

サンドボックスの解除

上記までの流れだと登録したメールにしか送れないため、実際のメールとしては機能しません。

どうやらサンドボックスという状態らしくこれを解除する必要があるようです。

SESに入り、「Sending Statistics」という画面から入れば、

「Your Amazon SES account currently only has “sandbox” access」

というメッセージが画面上部に出ているかと思います。

このメッセージボックスの中の「Request Production Access」というところをクリックし、送信数と合わせて、AWSに申請手続きをする必要があります。(参考リンク参照)

参考URL

SES送信制限解除申請 (SES Sending Limits)

1日ぐらいで承認の返信がきますので、これでメール送信をすることができるようになります。

実際のメール送信

送信前にAWSのCLI環境を作っておきましょう。

AWSのCLI環境について

SDK

node.js

CLI

共に

というメッセージが帰って来ればOKです。

-サーバー・ネットワーク
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

vagrant share

実はvagrantを使って仮想環境を一時的ではありますが、webから見ることができます。 1 まずはhttps://atlas.hashicorp.com/account/newにてアカウント登録。そ …

no image

Gitのブランチについて

ちょっといろいろと触っているGitに関して。 前回は作業ディレクトリ、インデックス、コミットについて説明したのですが、今回はブランチについて行います。 Contents1 ブランチとは?2 ブランチに …

no image

heroku scheduler(cron的なもの)

herokuでアプリをデプロイしたあと定期的に走らせたいバッチなどがあるとき、cronを使うことを考えると思いますが、herokuではheroku Schedulerというアプリを使います。 hero …

no image

Azure環境へのデプロイ

今までクラウドのインフラ環境というとほとんどがAWSだったのですが、C#+SQLServerの案件に携わっていることもあり、Azureを使うことに・・ 自学で簡単なアプリを作ってデプロイしたんですが、 …

no image

form以外でのPOST送信(というかHTTP通信全般)

前回の記事に引き続きですが、APIを叩く側はformでデータを送るのではなく、コードの中にPOSTする処理を書きます。 選択肢としては curlコマンドを使う file_get_contentsを使う …