skillup

技術ブログ

Database JavaScript

Firebaseについて

投稿日:

前回Lambdaに少し触れましたが、2019年6月現在、サーバーレスなアプリというものが活況(?)のようです。

大規模なアプリというと

Webサーバー+RDB+サーバーサイドプログラミング言語

が必須かと思いますが、モバイルなどのシングルページアプリケーションの開発の記事を見ますと

Firebase+Vue.js

の記事なんかをよく見ます。ちょっと興味もあり少しメモです。

  • いわゆるNoSQLでデータはJSON形式で保存。
  • (m)Bass(mobile backend as a Service)と言われるサービス
  • Realtime Database DBサーバーとクライアントがダイレクトに通信
  • モバイルなどの小規模(データ構造が複雑じゃない?)向けのものに適性あり?

私がついていけてるのはここまで・・(汗)

参考リンク(NoSQLのものも)

NoSQLとは?RDBMSと比較しながら分かりやすく解説

わかる!Firebase ~全てのサービスをおつまみ紹介~

最初はRedisとかの派生かとも思ったんですが、また違うもののようですね。

環境構築編

色々なサービスがありますが、今までのDBサーバの代替として一般的に使うのは「Database」というデータベースのサービスかと思われます。

データベースのサービスにも「Cloud Firestore」と「Realtime Database」の2種類があります。

Cloud FirestoreとFirebase Realtime Databaseの違い

まだ違いがよくわかっていないですが、今回Realtime Databaseを使ってみました。

FirebaseのRealtime Databaseをざっくり使ってみる ~導入から取得編(保存に関しては編集中)~

アプリから使用する場合、アカウント作成後、ログインした後には認証キーを使います。

プロジェクト設定→全般→マイアプリ→対象のアプリ選択「アプリ名」→ Firebase SDK snippet

CDNでもJSONでもよいですが、ここで吐かれている情報が必要になります。

なお、書き込み権限がディフォルトにはないらしいので、許可しておきましょう。

Database→RealtimeDatabase→ルール

下記のようにルール設定しておけばOKです。

ここまで設定すれば実際のアプリから書き込むことができます。

調査中なことなど

firebaseとfirebase-adminという二つのSDKがあるようですが、使い方がまだようわかっとりません・・・

ソースコード

https://github.com/umanari145/vue/tree/master/vuecompo_sample2

具体的なfirebaseのメソッドなど

Firebase RealTime DatabaseでCRUDを作成する方法

-Database, JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

JPAを使用する  JavaSE編

現在の開発ではデータベースへの接続ではJPAを使っています。このJPAがなかなか曲者でいろいろと詰まることがありましたので解説させていただきます。 Contents1 JPAとは?1.1 メリット1. …

no image

JSでの画面の金額集計

主に金額などを画面で計算するような請求関係のアプリを作っていますと、JSを駆使して集計作業をすることが多いのではないかと思います。 ようはテーブルみたいなものがあり、それを集計するようなパターンです。 …

no image

NOT EXISTSの利用

引き続きNOT EXISTSの利用です。 思った以上に使えますね・・・がムズイ。 今回は下記のようなテーブル(seats)があるとします。 ケースとしては新幹線の座席番号で空は席が空いている状態、占は …

no image

SQL基礎 ウィンドウ関数

SQLの基礎(主にSELECT)を whereはレコードに対しての集計、havingはレコードの集合に対しての集計 ビューは一時的なselect文なのでサブクエリとほぼ等価 条件分岐で出力項目を変えた …

no image

SQL基礎 case&groupbyの活用について

主に集計タイプの計算で大活躍するgroupbyについて。 主な用途は集計とカット。特にcase式と連動した集計はかなり使える 例 nameとageで構成されたテーブルがあるとして、年代ごとの人数を出し …

アーカイブ