skillup

技術ブログ

JavaScript

vue-routerについて

投稿日:2019年6月22日 更新日:

vueでのルーティングに関して。

Vueの場合、いわゆるSPA(シングルページアプリケーション)という用途で使われることがあると思います。

ただその場合でも擬似的なルーティング(URLの切り替えなどに関してSPAのページの切り替え)などは必要になってきます。

Vue Routerのインストール

vueでRoutingを使う場合、vue-routerというライブラリをインストールする必要が出てきます。

ソース

https://github.com/umanari145/vue/blob/master/vuecompo_sample2/

必要な部分のみ記述すると下記のようになります。

src/app.js(起動部分のJS)

src/router.js(ルーティングのJS)

index.html(htmlファイル)

devtoolインストール

今回の件とは関係ありませんが、ルーティングや変数の情報などをみれるdevtoolを。

構築が面倒だと思って懸念してましたが、ものすげー簡単でした・・・もっと早くやればよかった・・

Vue.js Devtoolsの導入方法と機能まとめ。Vue.jsを用いた開発を効率化させよう!

参考リンク

Vue.jsにVue Routerを導入してルーティングを行う方法

vue-routerで動的リンクを生成する

 

-JavaScript
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

途中入力離脱防止処理 JavaScript

WordPressの入力画面なんかでは実装されていますが、途中で文字入力をしてページりだすをしようとするとブラウザのアラートがでます。これも一般のお問い合わせフォームなんかでも実装可能です。 この場合 …

no image

JavaScriptのコールバック関数について

Angularをやるうえで前提となるJavaScriptの知識を書いていこうかと。 PHPでもありますが、関数を変数として扱い、別の関数の引数にすることができます。 これを利用すると下記のようなソース …

no image

vueでのコンポーネント間の変数のやりとりに関して

vueをコツコツと勉強していますが、コンポーネント間で変数の受け渡しをしたいときなどは色々注意が必要かと思います。 個人的には下記のような解釈で組んでおります。 Contents1 vuex2 syn …

no image

AngularJSについて

前回のbowerの記事でちょこっと書きましたが、最近はAngularJSというJavaScriptのフレームワークを触っています。 数年前から流行りだしているようで、少しずつ使っている方も増えているの …

no image

Angularでのfilter

今回はAnuglarでよく使うfilterという機能です。 使いどころとしては入力フォームに対応させて表示項目を絞る、みたいな使い方が一般的かと思います。 一番簡単なものとしては配列があり、入力値にあ …

アーカイブ