skillup

技術ブログ

PHP サーバー・ネットワーク

laravel+vessel

投稿日:2019年8月31日 更新日:

現場のリーダー的な方に進められてVesselというDockerのインストールなどをサポートするツールを触ってみました。

特にlaravelのインストールなどに向いていますが、laravelでなくとも使えるかと思います。

インストール手順

*Laravelのインストールが前提になります。

この状態ですでにvesselがインストールされています。

設定ファイル作成+起動

このコマンドで具体的にはdockerのイメージファイル、docker-composeの設定ファイルやvesselなどが作成されます。

あとは下記コマンドで起動、終了が簡単にできます。

その他&気づいたこと

Dockerですが、自分は小さいサーバーを複数立てるようなイメージだったのですが、正しくはプロセスのようですね。

だから自分は以前はアプリとDBぐらいは分けてましたが、それ以外は基本的にアプリでいいのでは?と思っていました。

というかアプリとnode分けたら、サーバーが別だと思っていたのでどうやってnpmのライブラリをインストールする?と思っていたんですが、プロセスと考えれば当然別々にすべきですね。

vesselで便利なところはlaravelの最小構成でもアプリ、node、DB、redisなどは分けてあります。

メリットとしてはこのように分けると組み合わせが楽なのと各コンテナが軽量になります。

アプリとnodeで同期場所が同じであれば普通にlaravelのnpmのインストールはできます。

しかもvesselの場合はコンテナのなかに入らなくてもvesselを仲介して、コマンドを打つことができます。上記のような ./vessel npm install と打てば自動的にnodeのコンテナをみに行って、実行してくれるわけです。これがすごく便利ですね。

しかもnpmのコンテナが起動してなくても大丈夫です。(これはちょっと不思議・・)

その他の詳しいコマンドは下記などに書かれています。

https://vessel.shippingdocker.com/docs/everyday-usage/

参考リンク

VesselでLaravelのDocker環境をサクッと作る

https://vessel.shippingdocker.com

-PHP, サーバー・ネットワーク
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

HTTPヘッダ・インジェクション+オープンリダイレクタ

Contents1 HTTPヘッダ・インジェクションとは?1.1 被害(ほぼクロスサイト・スクリプティング攻撃による脅威と同じ脅威)1.2 対策2 オープンリダイレクタとは?2.1 対策 HTTPヘッ …

no image

ロケール情報について

本日、csvファイルを読み込む処理を行っていたんですが、コンソールからコマンドを打つと化けずに、ウェブ上で見ると化けるという現象が発生。 csv,プログラムともに文字コードがutf8で統一していること …

no image

WordPressでのアイキャッチ画像

このブログと並行して更新しているガチンコ塾のブログですが、アイキャッチをブログ内にいれました。 画像をいれると文章の見やすさもだいぶ変わってくると思うので、アイキャッチの入れ方についてここに書いておき …

no image

Dockerfile作成での気づきなど(php+webサーバー)

実務で、Dockerfileを色々いじっていたんのでそこで得た気づきなどを。 Contents1 基本的な構成の考え2 アプリに関して 基本的な構成の考え 以前はCentOSを入れてその中にphp、M …

no image

yumのリポジトリについて

CentOSでは様々なパッケージが用意されていますが、標準で使えるもの以外にもさまざまなリポジトリがあります。 Contents1 リポジトリ一覧2 有効、無効や指定してのインストールについて リポジ …