skillup

技術ブログ

デザイン

tableでのヘッダー固定に関して+borderを描く時のコツ

投稿日:2019年9月29日 更新日:

tableでのヘッダー固定について

超小ネタですが、tableのヘッダー固定に関して。

ソースは下記リンクに。

https://github.com/umanari145/css

注意したいポイントとして、

  • tableをいうことを頭から消して、あくまでblockとflexで組む。
  • 固定のヘッドは position:sticky
  • 内包要素は動的に変わることが多いので、幅を%指定しておく。親も指定。
  • td、tdをテーブルではなく display:block にする。高さを内容要素依存にするためにこれが必要。(内包要素のセンタリングなどを考えるとflexもいいかも・・・)
  • 横並びにするためにstickyを使うタイプはtrに display:flex を入れる。
  • boarderを二重にしないことが大切。(全消ししてから,tr→th→trといれて行くとわかりやすいかも)
  • ヘッドと明細の幅を統一。
  • paddingやborderの幅で少しずれることがあるため、 box-sizing:border-box をセット。

のようなところ。

サンプルソース(scss)

borderを描く時のコツ

上記と合わせてtableでborderを描く時のコツなんぞを。borderなかったり、二重線やドットが混じるケースですね。

  • sassを使った方がはるかに楽
  • まずは全てのbordrerを消す
  • 入れるのは基本 tr,th(td) のみ
  • 同一方向でのみborderを定義(例:trなら上のみ、tdなら左のみなど)
  • last-child,first-child でイレギュラーパターンを押させる tr の下端や td 右端

サンプル

https://github.com/umanari145/css/blob/master/table_border.html

すげー基礎的なことかもしれませんが、以前こういう思考がなくて結構迷いましたね・・・

-デザイン
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

レイアウトカラム落ち対策

自分のPCでは大丈夫なんだけど、別PCで見るとカラム落ちするケースがあり、ちょっと対策を。 もちろん幅調節とかそういうのはなし。 Contents1 flex-wrap:nowrap2 display …

no image

画面の制御フローなど

複雑な帳票系アプリではよくあると思うのですが、ある入力値が複数の場所から影響を受けており、制御がなかなか難しいときなどがあります。 例として クリアボタンなどでクリアされる 他のプルダウンなどで影響を …

no image

CSSを書くときのコツ

前回のCSSのルールを踏まえて、今回はCSSを書くときの概念的なルールです。 Contents1 CSSのデメリット1.1 抽象化が難しい1.2 すべてのルールがグローバルスコープ2 CSSを書くとき …

no image

Angularモジュール間の読み込み

Angularで以前こちらで、複数のコントロールに分ける方法を書きましたが、コントローラーだけでなく、Factory,ServiceなどいろいろなタイプのサービスがAngularにはあります。 プログ …

no image

テンプレートエンジンTwigについて

SmartyにかわるテンプレートエンジンとしてTwig(ツィッグ)を勉強中。 といってもテンプレートエンジンなので基本的なことはほとんど一緒っぽいですが。 Contents1 インストール2 基本的な …