skillup

技術ブログ

PHP

streamについて

投稿日:

CSVダウンロード機能などを実装していて、動くコードはかけていますが、内容をよく理解していないことも多かったです。

今回はストリームについて。

ストリームとは

主にデータの総量がわからないケースでよく使われるデータの提供方法になります。

上記もストリーム処理ですね。

ポインタを設定し、これをループの中で、回すことでデータを取得しています。

参考リンク

【PHP】ストリームってなに?

PHPのstream wrapperをさわってみた

ファイル書き込みの場合にはストリームの対象が data.txt などになりますが、CSVダウンロードなどの場合には実体のあるデータに書き込みをするわけではありません。

この場合、PHP自身が用意しているメモリやテンポラリファイルのような場所に一時的にファイルをためておき、そこからデータをダウンロードするようにします。

具体的には php://memory、php://temp のようなものが該当します。

CSVダウンロード機能の実装として、上記のような処理がある場合、

この部分で、ストリームを使ってデータを格納しています。(rewindはファイルポインタの位置を先頭にということなので、fopenのfcloseに相当するものと思われます。)

は実際にストリームからデータを取得します。

CSV出力ではデータが増えた時に、メモリやCPU効率など考える場所が複数あります。

色々見ていくと、ストリームを使ってブラウザに直接データを返すのが安全かもしれませんね。

参考リンク

PHPでCSVを生成する (ただしメモリ・CPUを抑えて)

-PHP
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

cakePHPの認証-Authコンポーネント

ひさびさにPHPをやる機会があり、短期での開発だったため、cakePHPを使いました。 以前やったことがあったんですが、もう2年以上たっていますね。 といいつつも昔のソースを見ながらやることで思い出し …

no image

CakePHP3 Unitテスト モデル編

長らくやろうやろうと思っていながら手がつかなかったCakePHP3のユニットテストについて。 以前にも何らかのエントリーで書いたのですが(下記参照)、モデル系はなかなかやらなかったので、これを機に説明 …

no image

cakePHPでの直SQL

今回はCakePHPにて直のSQLを書く方法を。 cakePHPにて大概の処理はもともと備わっているコマンドでなんとかなりますが、まれに直SQLを書いたほうがらくなこともあります。 書き方その1 [c …

no image

cakeでのUtilityメソッド

cakeではControllerから呼ぶメソッドはComponent,ModelはBehavior、ViewはHelperに記述するのが一般的です。 ところが、プログラムを書いているとUtility系 …

no image

apacheで複数インスタンスの起動

前回のphpenvがらみの引き続きですが、php5.6と7を共存させ、なおかつWEBアプリで動かす方法を調べたところapacheの複数インスタンスがであれば可能だとのこと。 早速調べなんとかできました …

アーカイブ