skillup

技術ブログ

JavaScript

vueについてのポイント

投稿日:2019年10月20日 更新日:

vueについて学習した時のポイントなどを。

機能として確認したこと

  • text,radio,select,checkboxを含んだ新規と既存、一覧のDB連動アプリ
  • 親→サブコンポーネント×2(親からのグローバル変数アクセス)
  • プルダウン連動(新規、既存)
  • 住所入力補完モーダル
  • ローディングエフェクト

component

Vueの最重要概念。要はHTMLの1部分のこと。ここ自体にhtml+JavaScript+cssを格納でき、この組み合わせで画面を作り上げる。

vue-route

言わずもがなルーティング。Laravelと同じように使える。画面を構成するベースになるコンポーネントと1:1になることが多い。

vuex

グローバル変数の格納。DBとやり取りするような変数は基本的にここを使いそう。慣れるまで結構ムズイ。

  • state:基本的な変数定義
  • getter:読んで字のごとくgetter
  • mutation:setter的使い方をすることが多い
  • action:非同期処理など?まだ使い方わかっておらず

computed

画面上の変数の算出。

一般的にはvuexでグローバル変数との同期をとるような使われ方をするのが一般だと思う。

created,mounted

vueインスタンスが生成される時のライフサイクル

created:DOM生成前

mounted:DOM生成後(ただしこの場合でもデータはまだ画面反映されていない)

emit

親のコンポーネントと子供のコンポーネントで変数をやり取りするときに必要になる。

ソース

https://github.com/umanari145/laravel-vue

-JavaScript
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

gulpインストールとタスクの実行

今更ですが、gulpインストールと作業に関して。 less使ってたんですが、コンパイルをずっとatomのエディタで行っていたんですが、一般的にはgulpで実行する方のほうが多いでしょう。 別件でgul …

no image

vueに関する小ネタ(computed、v-classなど)

先日は埋め込み形式で、vueを書いてましたが、その時に新たな気づいた小ネタなど。 Contents1 computed2 v-class3 ajaxのasync:false computed 主に、v …

no image

vueのコンポーネント化

vueの記事をポツポツ上げてきましたが、コンポーネント化した書き方に関して。 既存のvueの記事 Vue.jsについて vueの環境構築 今まではCDNで読み込んだり、HTMLの中に直接vueを入れて …

no image

複数の非同期処理終了後(when&Promise.all)

JavaScriptで複数の非同期処理(例:API)を走らせて、その非同期処理が全て終わった後で、何らかの処理をしたい時について。 Contents1 when2 Promise_all when j …

no image

オートコンプリートのプラグイン

最近だとフォームの入力画面で最初の数文字を入力すると候補を予測して表示してくれる機能(=オートコンプリート)があることが一般的ですね。 いろいろなプラグインがありますが、今回お勧めしたいのはBoots …

アーカイブ