skillup

技術ブログ

JavaScript

vuexについて

投稿日:2019年10月20日 更新日:

vueの変数管理に関して、vuexについて勉強したことなどを。

ざっくり言ってしまうとvuex=グローバル変数という感じかと思います。

このキーワードで検索したところヒットした記事があったんで多分間違いないかと(笑)

vueの変数管理としては一般的にコンポーネント単位でデータを格納しますので、スコープをコントロールできることがメリットです。

反面、複数のコンポーネント間でデータを共有したいときなどは不便になります。

親子間のコンポーネントで値の受け渡しをするケースという手法もありますが、任意の場所からデータのやり取りをしたいときに使うのがvuexになってきます。

ローカル変数:通常のdataで定義するやり方

グローバル変数:vuex

という感じで解釈しています。

ソース

https://github.com/umanari145/laravel-vue

-JavaScript
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

JSリンク集+git ブランチ指定 clone

現状の私の課題としてUIに対する意識が甘いということが上げられます。 大昔のサイトで使っているようなわかりにくいUIをそのまま使っているんですよね。 UIといってもいろいろな要素が必要となってきますが …

no image

AngularJS テーブル行のソート入れ替え&ドラック&ドロップ

受注伝票みたいなものを作ると伝票の登録画面はヘッダーと明細に分かれますね。 私が携わったプロジェクトでは、大体一画面でヘッダー情報と明細情報を入力することが一般的でした。 今回AngularJSでその …

no image

AngularJSでのDB接続

AngularJSでデータベースへのアクセスをしたいときの処理を記述します。 注意点としては、なんといっても非同期なことです。同期させることも無理ではないようですが、基本非同期ですので、この点を理解し …

no image

Firebaseについて

前回Lambdaに少し触れましたが、2019年6月現在、サーバーレスなアプリというものが活況(?)のようです。 大規模なアプリというと Webサーバー+RDB+サーバーサイドプログラミング言語 が必須 …

no image

JavaScriptでのDom操作に関して

画面系の複雑な処理をやる場合、JavaScriptを使うのですが、個人的に気をつけているポイントなど。 Contents1 ES6のクラス化2 DOM要素取得のポイント2.1 class自体でのスコー …

アーカイブ