skillup

技術ブログ

JavaScript

vueでのコンポーネント間の変数のやりとりに関して

投稿日:

vueをコツコツと勉強していますが、コンポーネント間で変数の受け渡しをしたいときなどは色々注意が必要かと思います。

個人的には下記のような解釈で組んでおります。

vuex

個人的にはグローバル変数的に使いたい変数をこれで管理します。主にDBに保存、取り出しをしたり、マスター系の変数などの管理がこちらになるかと思います。

sync、props、emit

主にパーツ化されたコンポーネント間のデータ受け渡しで使います。

代表的なところでいうと、select,radio,checkboxなどをパーツ化しておき、親で変数を受け渡して、子で実際の処理をするときなどに、これらのデータのやりとりをします。

this.$parent.〜

基本的には上記の2パターンでなんとかなると思いますが、 syncpropsemit を使っても、稀に親の変数が子に反映されない(反映が遅い)ときなどがあります。こういったときはsetを使うとよいはずなのですが、調査不足でまだ解消できてはいません。

その時に場当たりな的な解決策ではあるのですが、参照のみで、親(あるいは子)の変数を使いたい時にthis.$parent.〜を使います。実際はコンポーネント間で依存関係ができてしまうため、アンチパターンに近いそうですので、乱用は控えた方がいいかもしれません。

実際のサンプル

https://github.com/umanari145/laravel-vue

-JavaScript
-,

執筆者:


  1. […] コンポーネント間の連携に関してはこちらの記事でも書き、ソースを色々とみてなんとかわかりかけてきたのですが、値が反映されないのには悩みました。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

webpackについて再履修2

以前やったこの記事への追記的な意味で。 webpackについて再履修 Contents1 webpack-cli2 gulp-webpackは非推奨3 devtoolでデバッグ可能 webpack-c …

no image

横からスクロール sidrの使い方

携帯サイトの場合、端末のサイズが小さいため、メニューなどはどう縮めてもやはり圧迫してしまいます。 そんなとき、クリックさせてスクロールさせるタイプであれば、場所が狭いことが気になりません。本日はそんな …

no image

Angularモジュール間の読み込み

Angularで以前こちらで、複数のコントロールに分ける方法を書きましたが、コントローラーだけでなく、Factory,ServiceなどいろいろなタイプのサービスがAngularにはあります。 プログ …

no image

Angularでのfilter

今回はAnuglarでよく使うfilterという機能です。 使いどころとしては入力フォームに対応させて表示項目を絞る、みたいな使い方が一般的かと思います。 一番簡単なものとしては配列があり、入力値にあ …

no image

Angular複数ファイルでの読み込み

Angularでいろいろな処理を書いているんですが、処理が膨らんでくると1つのファイルに全ての処理を書いていては当然非効率になります。 ざっくり分けると ほとんどの処理に共通な処理を集めたファイル 特 …