skillup

技術ブログ

JavaScript

vueでのコンポーネント間の変数のやりとりに関して

投稿日:

vueをコツコツと勉強していますが、コンポーネント間で変数の受け渡しをしたいときなどは色々注意が必要かと思います。

個人的には下記のような解釈で組んでおります。

vuex

個人的にはグローバル変数的に使いたい変数をこれで管理します。主にDBに保存、取り出しをしたり、マスター系の変数などの管理がこちらになるかと思います。

sync、props、emit

主にパーツ化されたコンポーネント間のデータ受け渡しで使います。

代表的なところでいうと、select,radio,checkboxなどをパーツ化しておき、親で変数を受け渡して、子で実際の処理をするときなどに、これらのデータのやりとりをします。

this.$parent.〜

基本的には上記の2パターンでなんとかなると思いますが、 syncpropsemit を使っても、稀に親の変数が子に反映されない(反映が遅い)ときなどがあります。こういったときはsetを使うとよいはずなのですが、調査不足でまだ解消できてはいません。

その時に場当たりな的な解決策ではあるのですが、参照のみで、親(あるいは子)の変数を使いたい時にthis.$parent.〜を使います。実際はコンポーネント間で依存関係ができてしまうため、アンチパターンに近いそうですので、乱用は控えた方がいいかもしれません。

実際のサンプル

https://github.com/umanari145/laravel-vue

-JavaScript
-,

執筆者:


  1. […] コンポーネント間の連携に関してはこちらの記事でも書き、ソースを色々とみてなんとかわかりかけてきたのですが、値が反映されないのには悩みました。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

bootstrapでのJavaScriptエラーチェック

お問い合わせフォームの入力チェックというのは本来サーバーサイド側でやらなくてはいけないのですが、JavaScriptによってクライアント側でやることも可能です。 入力欄にフォーカスして、遷移したときに …

no image

npmでのJSライブラリインストール&ビルド(※Laravel使用時)

JavaScriptのインストールですが、いままではライブラリを1つ1つインストールしてました。 bowerでインストールしたこともあったんですが、読み込み自体は1つ1つしていました。 先日仕事でnp …

no image

JavaScriptのcall,bind+npmからのライブラリ読み込みで

npmを使ってライブラリ管理をする場合、個別にライブラリを読み込まず、package.jsonで読み込んだあと、一括してライブラリを読みこむことが一般的です。 で、その時の処理に関して。 例えばlea …

no image

dataTableによる無限スクロール

Angularで無限スクロールをやったので一般のjqueryで。 dataTablesというプラグインです。 以前下記リンクで紹介していますが、ようわかっとらんかったんで(汗)再度書きます。 ページャ …

no image

JSでの画面の金額集計

主に金額などを画面で計算するような請求関係のアプリを作っていますと、JSを駆使して集計作業をすることが多いのではないかと思います。 ようはテーブルみたいなものがあり、それを集計するようなパターンです。 …