skillup

技術ブログ

PHP

サービスプロバイダとは

投稿日:

Laravelをやっていて、次に分かり難かった概念、サービスプロバイダについて。

アプリケーション開発にはデータベース、ファイル操作、ログ操作など様々な操作があり、個別のビジネス処理以外で共通化できるものが多々あります。

これらをサービスコンテナといい、Laravelでは config/app.php で一覧が列挙され、個別のProvidersに関しては app/Providers 以下に定義されています。

一例としてDebugbarを登録した時の例です。

config/app.php

app/Providers/AppServiceProvider.php

このように登録することによって、メリットはMiddlewareと近いのですが、

  • 個別のビジネスロジックに共通処理を入れる必要がない
  • 変更があった時にここのビジネスロジックとサービスが連動しておらず、保守性が高い

と言うことが言えるかと思います。

-PHP
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

phpmdによるコードチェック

現在のプロジェクトですが、コードレビューなどをされる環境にはないため、一人で書いていると自然と規約とずれた書き方になっていることもあります。 規約通りに書こう、書こうと思っていてもなかなかその通りに書 …

no image

PHPのオートローディング

大規模開発では扱うファイルが増えるため、必要なクラスの読み込みが煩雑になるケースが多いです。 Contents1 従来のPHPのファイルのロード2 オートローディングとは3 サンプルソース4 メモ5 …

no image

nginxの設定&php-fpmインストール

本日、久しぶりにPHPのWebアプリを別サーバーに移行したのですが、nginxの設定でかなり手間取りましたのでちょっと記録しておきます。 Contents1 nginxの設定1.1 インストール1.2 …

no image

cake3でのバッチスクリプト

以前、cakeでのバッチをこちらのエントリーで書きましたが、今回は3系でのバッチの書き方について。 といってもほとんど同じですが・・・ Contents1 ディレクトリ2 ソース ディレクトリ src …

no image

Cakeの共通処理

CakePHPだけに限りませんが、フレームワークの場合、オブジェクト指向の特徴を理解して、全ページに共通な処理などは個々のコントローラーに書くのではなく、もっと抽象度の高いクラスに書いたほうが保守性が …