skillup

技術ブログ

PHP

リクエストとレスポンスについて

投稿日:

Laravelでリクエストとレスポンスにはそれぞれ元からクラスが当てあられております。

上記のようなメソッドでリクエストパラメータ自体を受け取ることができます。

長い間このような形でリクエストパラメータを受け取っていたのですが、

  • リクエストヘッダーがcontent-Type:text/html以外のケースで条件分岐が必要
  • ハッシュで引きますのではなく、リクエストパラメーター自体のオブジェクトをもちその中でデータを格納する
  • レスポンス形態を通常のhtmlかcsvかで分岐させたい

のような必要性があったため、Requestオブジェクトやレスポンスのラッパークラスを作った方が保守性が向上するのではないかと思っております。

検索用につかうリクエストパラメーター

レスポンスのクラス

PHPフレームワーク Laravel Webアプリケーション開発 バージョン5.5 LTS対応 (日本語)

HTTPリクエストとレスポンス

-PHP
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

jQuery modalダイアログについて&重複時間処理

Contents1 jqueryモーダルダイアログ1.1 あらかじめ読み込むライブラリ1.2 ソース本体1.2.1 Html側1.2.2 Javascript側1.2.3 参考リンク2 重複時間につい …

no image

クラスメソッドとインスタンスメソッド

以前staticメソッドを定義したときに、記法がインスタンスメソッドの呼び方でも呼べてしまうことがあったので、これを機にインスタンス・クラス×変数・メソッドちょっと調べてみました。 言葉で書くよりコー …

no image

cakePHP Tips

cakeでの気づいたTipsなど。 知っているといろんな部分で開発が楽になります。 Contents1 作成日と更新日の自動設定2 scaffold3 新規登録と編集画面の作成4 htmlヘルパー5 …

no image

cakePHP3 serialize&compact

Contents1 serialize2 compact serialize cakePHP3の記述で

みたいな記述をよく見かけていま …

no image

composer.jsonのautoloadに関して

昔PHPでは他のファイルを読み込む時にはrequire_onceなどとすることが一般的でした。 で、クラスが増えてくるとこれがとんでもない量になってくるんですよね・・・ その時の代替案として_auto …

アーカイブ