skillup

技術ブログ

デザイン

共通CSSに必要な要素

投稿日:2020年2月29日 更新日:

簡単な業務アプリだとBootstrapなどのCSSフレームワークを使うことが多かったのですが、不必要な機能があることもあり、自作で非常に手軽なCSSを集めてこれを共通のCSSとして使うことが多いです。

https://github.com/umanari145/css/tree/master/css_framework

これからも随時増やしていきますが、主に下記のような要素を入れております。

既存の処理の簡略化

margin-top:10pxmt10 など省略して書くことにより頻出処理を簡略化。

ちなみにtailwindというCSSのライブラリでも上記のような頻出処理を簡便なクラスで書くことができます。
https://tailwindcss.com/

他によくあるのがflex系ですかね。

メディアクエリ用

レスポンシブ対策用に手軽にスマホの時はdisplay:noneにするなど。

display:〜を変更したり、blockとflexinlin-blockの変更など。

頻出タイプのCSS

主にモーダルウィンドウ、スクロールテーブル、ローディングなどです。

ライブラリを使ってもいいですが、手軽なものを実装しておき、クラス一発でこれらを実装できるようにすると便利です。

PHPなどでもそうなのですが、難しいことを知っていることもそうですが、普段やっていることをより簡略化して、短時間でできるようにすることの方が費用対効果は高い気がします。

-デザイン
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

jquery multipleについて(応用編) keepOrder

さて、複数選択だけなら前回のエントリーだけでなんとかなりますが、左の項目の順番を入れ変えて保存したい場合、難易度がかなり上がります。 公式ページには下記のように書けばOKとかいてあります。 [cray …

no image

固定されたナビ(ヘッドとサイド)

boostrapでサイトを作るときにヘッダーとサイドバーを固定したいときについてメモします。 Contents1 ヘッダーを固定したい場合2 サイドバーを固定したい場合3 参考リンク ヘッダーを固定し …

no image

横からスクロール sidrの使い方

携帯サイトの場合、端末のサイズが小さいため、メニューなどはどう縮めてもやはり圧迫してしまいます。 そんなとき、クリックさせてスクロールさせるタイプであれば、場所が狭いことが気になりません。本日はそんな …

no image

レスポンシブデザインの作成ポイント

本日はレスポンシブデザインの表現方法について。 スマホでは何も指定しなければブラウザはウェブサイトの幅が980pxと仮定しています。 要は通常の980px分をそのままiPhoneの画面に収まるよう縮小 …

no image

boostrapでのヘッダーナビ作成

昔から私の作るWEBアプリはデザインがめちゃくちゃなことが多かったんですが、最近は多少デザインにも気を配るようになってきました。 実はCSSがあまり得意ではなくて、うまく組むためにかなり苦戦していまし …

アーカイブ