skillup

技術ブログ

デザイン プログラミング全般

画面の制御フローなど

投稿日:2020年3月14日 更新日:

複雑な帳票系アプリではよくあると思うのですが、ある入力値が複数の場所から影響を受けており、制御がなかなか難しいときなどがあります。

例として

  • クリアボタンなどでクリアされる
  • 他のプルダウンなどで影響を受ける(クリアorグレーアウト)
  • 直近のチェックボックスなどの値によりグレーアウトされる

などです。

複数の場所から影響を与えるような場合ですね。

クリアボタンなど単発のイベントの処理はいいのですが、グレーアウトするなど状態を定義する場合は色々と工夫が必要です。

しかも実際に実装をする場合には通常の入力以外に、エラーチェックや確認画面、参照画面から戻ってきたときなどの制御もできていないといけません。

そのときに気をつけなければいけないことを描いてみました。

制御フローの整理

顧客の要望をなんでもかんでも取り入れると要件が錯綜してこのようになるかと思います。

原則としてなるべくシンプルでわかりやすい画面の構図や遷移などを組むのが良いのではないでしょうか。

複数の要望があった場合でも要件をなるべく単純化させた方がユーザーにとってもわかりやすくなるのではないかと思います。

設計段階の考慮になるのですが、あれもこれもでなく、なるべくシンプルな制御にするのが良いのではないでしょうか。

制御の一元化

ある値の状態を定義する場合は全て特定のメソッドを通るようにするなど出入り口を一元化することですね。

これは通常のプログラムの考え方と一緒で通る場所が一箇所であればそこで全ての動きを統一できるのが望ましいです。

JSを使う場合、通常の画面入力をするときと、エラーや確認画面からの戻りなどの場合でケースを分けないほうがよいでしょう。(画面読み込みなどが少し気持ちが悪いのですが・・・)

特定の値から常に状態を参照できるようにする

一般的にはイベントをトリガーにしてある値の状態を定義すると思いますが、必ずそのイベントを通るかはわかりません。

その場合、あるHTML要素の「状態」から参照できるのがベストです。

vueなどですと、特定の値から特定の要素の状態を常に参照しておくことができるのでこのような迷いが少ないかと思います。

また同じDOMの状態を定義するならJSよりもCSSの方が状態から参照をするため、正確です。

JS、特にjQueryなどを使ったイベントベースだと特定の処理に発火するためどうしても考慮漏れがおきてしまう可能性が出てきます。

UI&UXなどを勉強した方がいいのかも・・・

-デザイン, プログラミング全般

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

正規表現その2

10/28に書いた正規表現に関しての追記です。 Contents1 覚えておきたいメタ文字2 留意点 覚えておきたいメタ文字 よく出るメタ文字の復習です。 メタ文字 メタ文字の説明 [] いずれかの1 …

no image

トランザクショントークンについて

フォーム画面で入力を行うときにはPOSTでデータを受け取ってエラーチェックしたり、データベースに入力をしたりします。 ただその時に何も考えずに安易に送信→受信の際に以下のようなトラブルがあり得ます。 …

no image

コメントについて

リーダブルコード 第5・6章はコメントについて。 今回はコメントです。ここは結構賛否両論になるところではないかと思います。 ざっくり分けると「できるだけコメントは詳しく書くこと」という意見と「コメント …

no image

コーディングルール 前半まとめ

リーダブルコードを3分の2ぐらいよんだので現時点でのまとめを。 Contents1 いいコードの定義2 具体的な手法2.1 変数の名称2.2 コード自体の見た目2.3 コメント2.4 制御フロー2.5 …

no image

CSSのレイアウト例 その1 カラムレイアウト

本日はCSSのレイアウト例に関してよくあるものを見てみようと思います。 例によってサイトが具体的にどうなっているかを知りたい方は「プロとして恥ずかしくない 新・CSSデザインの大原則」を買いましょう。 …