skillup

技術ブログ

JavaScript

新技術のメリットを理解したい場合(jQueryと比べた場合のVueのメリットなど)

投稿日:2020年4月15日 更新日:

Vueを昨年度ぐらいからコツコツと勉強しています。

正直、その理由の半分ぐらいは「流行っているから」というのが大きいですね(汗)

エンジニアとしてはやはり新しい技術自体を追い求めること自体に「快感」のようなものがあると思います。これはいいことでもあり、悪いことでもあります。

新しい技術を追い求めることはいいことですが、技術自体は手段にするというのが正しいと思います。

わかりやすくいうと

  • 工数を減らせる
  • メンテ・修正が楽

などですね。

単純に新しい技術を追い求めるのが好きで、そのためにかえって工数が膨らんだり、メンテできるエンジニアが減ったりしますので、結果としてリスクになることもあるからです。

そんなことを漠然と思っていたんですが、先日、これはVueを使ったら楽だろうな・・・と思われる開発がありました。

イベントや要素の数が非常に多く、Aという要素が変わると、Bという要素に影響を与え、それがCに・・と言ったように連鎖していくパターンです。Aに対して複数のイベントがある場合、ソースが非常にカオスになってきます。

このようにイベントが非常に多く、複雑に連動しているようなアプリの場合、jQueryの場合、制御がイベントベースになるため、扱いが難しくなります。

参考書には上記のようなことが書かれていたのですが、やはり経験してみないとわからないことは多いですね。

読んでもあまり実感がわかりませんでしたが、実際に書いてみるとその効果がわかります。

先日かなり込み入った画面処理をjQueryで書いたところかなり大変だったため、Vueでモック的なものを構想したところだいぶすっきりとかけることに気づきました。

Vueの場合、値自体を持たせることができ、値を参照して状態を制御できるため、ある値が変化した時の状態というのをイベント管理しておく必要がないため、この点が非常に楽なのです。

私はVueのメリットを理解するには同じ内容のものをjQueryとVueで書き分けるのがいいと思います。

jQueryにもjQueryの良さというのが当然あるからです。

まさに「必要は発明の母」だと感じました。

 

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

vueのコンポーネント化

vueの記事をポツポツ上げてきましたが、コンポーネント化した書き方に関して。 既存のvueの記事 Vue.jsについて vueの環境構築 今まではCDNで読み込んだり、HTMLの中に直接vueを入れて …

no image

JavaScriptのコールバック関数について

Angularをやるうえで前提となるJavaScriptの知識を書いていこうかと。 PHPでもありますが、関数を変数として扱い、別の関数の引数にすることができます。 これを利用すると下記のようなソース …

no image

vueでの配列、オブジェクトの反映に関して

vueでのハマりポイントですが、関門としては コンポーネント間の連携 オブジェクトや配列となった時に反映がされない などがあげられると思います。 コンポーネント間の連携に関してはこちらの記事でも書き、 …

no image

vueの環境構築

vueについて勉強したことなどを。 Contents1 vueとは?1.1 方法1 CDN1.2 方法2 npm+コンパイル vueとは? 近年のJavaScriptフレームワークの一種で「双方向デー …

no image

npmでのJSライブラリインストール&ビルド(※gulp使用時)

こちらのリンクでJSのnpmパッケージでのインストール&ビルドをしたので、gulpでのビルドを。 前提条件としては nodeのインストール npmのインストール がされていればOKです。 最小構成でい …