skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

herokuでのhttpd.conf設定

投稿日:

前回の記事でLet’s EncryptでSSL設定する場合、 http://ドメイン/.well-known/ というURLにアクセスする必要があります。

ただherokuの場合、隠しフォルダ、隠しファイル自体が403エラーになり、アクセス自体ができないんですよね。

アプリ側でルーティングを設定しようが、htaccessでコントロールしようができませんでした。

herokuの場合、サーバーの設定などはすでに出来上がっており、カスタマイズが難しいんですよね。

四苦八苦して調べたところ、httpd.conf自体を上書きできるとのことでなんとか上記URLにアクセスさせることができました。

Procfile

herokuのようなPaasの場合、何も設定をしなくてもある程度動かすことができますが(正確にいうと省略されてる)、細かいカスタマイズやコマンドなどを入れることもできます。

その場合、ルートディレクトリにProcfileというテキストを作り、ここに起動コマンドを書いておくことで任意の設定ファイル(httpd.confなど)を読み込ませることができます。

Herokuに必要なProcfileの書き方についてまとめておく

Procfileですが、今回私が書いたのは下記の一行だけです。

herokuの管理画面を見ると
web heroku-php-apache2 となっていますが、これがherokuが動いているプラットフォーム(dynoと言います。)になります。

実際にはここが起動しているようですので、起動コマンドが web: vendor/bin/heroku-php-apache2 のようになります。

修正したhttpd.confですが以下がheroku上で使われている実際はgitで確認できます。
https://github.com/heroku/heroku-buildpack-php/blob/master/conf/apache2/heroku.conf

私の場合、上記ファイルをまずそのままコピペし、Procfileと同階層(つまりはルートディレクトリ)におき、

のように書き換えてアップしたところ無事隠しフォルダが見えました。(結果としてこれ自体は前回の記事で触れた通り、使用しなかったのですが・・・)

他にも色々と設定変更ができるようです。

-サーバー・ネットワーク
-

執筆者:


  1. […] (注:実はherokuの場合このurl自体にアクセスをさせるのが大変でした・・・ 参考リンク herokuでのhttpd.conf設定 ) […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

form以外でのPOST送信(というかHTTP通信全般)

前回の記事に引き続きですが、APIを叩く側はformでデータを送るのではなく、コードの中にPOSTする処理を書きます。 選択肢としては curlコマンドを使う file_get_contentsを使う …

no image

障害調査フロー

実務でサーバーの障害が発生した時のフローなどをメモしおこうかと。 行ってしまうと「ログに始まり、ログにおわる」といった感じでしょうか。 サーバーエンジニアの方の作業をみてたんですが、基本的にはプログラ …

no image

AWSのSNSについて

AWSについてここ2年ぐらい触っていますが、以前の現場ではリーダーの方が色々やられたおかげで根本的なところが理解できておらず、家でアカウントを作ってコツコツとやってます。 今回はSNSについて。 基本 …

no image

Webの高速化に関して

Webの高速化に関してメモ。 高速化って言っても幅広いんですけどね。自分が行なっている対策に関して。 一応LAMP環境を前提にしてます。 Contents1 一番大事なのは測定2 DB対策3 フロント …

no image

journald

CentOS7では従来のsyslogデーモンと並行してjournaldというログ管理サービスがあります。 Contents1 コマンド一覧2 参考図書・リンク コマンド一覧 [crayon-61722 …