skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

Route53でのドメイン取得&メール送信に関して

投稿日:2020年5月2日 更新日:

以前、Route53でドメイン取得、メールの送受信などをメモしましたが、Route53でのドメイン登録→メール送信に関してもう一度記しておこうと思います。

Amazon SESについて(Route53登録→SESで受信→S3で保存)

DNSレコードに関して

ドメイン取得後、メールを使用したり、Webサーバーを使うにはDNSサーバーが必要になります。

ロリポップなどを使っていると何も考えずにできるのですが、少し体系的に勉強してみようと思います。

レコードタイプ

DNSにはレコードタイプというものがあり、WebサーバーとメールサーバーではDNSへの記録の仕方が少し異なってきます。

よく出るかつ代表的なものをみていこうと思います。

Aレコード

一般的なWebサーバーにドメインを当てるときに使われるレコードタイプです。

URLからWebサーバーのIPを正引きするときにこのレコードタイプが使われます。

MXレコード

メール送信時に使われるレコードタイプです。ただMXレコードを登録する前にはIPとサーバー自体を紐づけておく必要があるためAレコードを登録しておく必要があります。(そうしないとメールサーバー自体を探すことができないため。)

DNS設定ツールマニュアル 4. レコード情報編集

↑このリンクの登録を見るとイメージがわきやすいかと思います。

MXレコードには優先度という数字があり、(10,20など、10を最小値として10刻みが一般的なようです。)数字が小さいほど配送の優先度が高いようです。

よく出てくるのは上記のAレコードとMXレコードかと思われます。

NSレコード

主にサブドメインの管理などで使われるようです。

SOAレコード

ドメイン自体の管理情報を表すレコードタイプのようです。 host -vでみると必ずこのレコードタイプはセットされているのでドメイン登録時に自動的にセットされる類のものかもしれません。

下記リンクは各レコードタイプの違いが図解で大変わかりやすく説明されています。

【図解】初心者に分かりやすいDNSの仕組み〜GoogleのIP確認, 逆引きの必要性, レコードの種類等〜

MXレコードの登録

実際にメールを送信するには下記リンクが参考になります。

わかりやすい例としてはmail.ドメインなどとDNSレコードを登録するケースが一般的でしょう。

参考リンク

EC2でRoute53で登録したドメインでメールを送る

Amazon Route53 にMXレコード登録する

-サーバー・ネットワーク
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ファイルアップロード・ダウンロードに関するシェルスクリプト

ファイルのアップロードやダウンロードに関するシェルスクリプトなんぞを。 地味ですが、以外に登場頻度は高いかと。 Contents1 FTP1.1 ダウンロード1.2 アップロード2 SCP2.1 アッ …

no image

CentOS7でのIP固定

日ごろ業務ではwindowsにVitrtualBox+VagrantにCentOSをいれていたのですが、スペックにややネックがあったため、今は使っていないPCにCentOS7を入れて開発企図して使うこ …

no image

ansible host指定,変数の外だし,ユーザー追加

Ansibleにてhostユーザーやユーザーの追加などす。 Contents1 ホストの指定2 ユーザーの追加2.1 変数を別ファイルに2.2 パスワードのハッシュ化2.3 パスワードなしでsudo2 …

no image

Apacheでのリバースプロキシ

jenkinsの復習をしていたんですが、持ってたVPSサーバーにjenkins環境を構築、jenkinsのURLをサブドメインにし、アクセスした時に別ポートに飛ばす仕様にしました。 前提条件として下記 …

no image

vagrantでの静的ファイルのキャッシュがクリアされない

タイトルのまんまですが、vagrantでapacheを使ってまして、静的ファイルのキャッシュがクリアされないと言う問題が発生しました。 vagrantは結構長い間使ってましたが、今まで素のhtmlを書 …