skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

Route53でのドメイン取得&メール送信に関して

投稿日:2020年5月2日 更新日:

以前、Route53でドメイン取得、メールの送受信などをメモしましたが、Route53でのドメイン登録→メール送信に関してもう一度記しておこうと思います。

Amazon SESについて(Route53登録→SESで受信→S3で保存)

DNSレコードに関して

ドメイン取得後、メールを使用したり、Webサーバーを使うにはDNSサーバーが必要になります。

ロリポップなどを使っていると何も考えずにできるのですが、少し体系的に勉強してみようと思います。

レコードタイプ

DNSにはレコードタイプというものがあり、WebサーバーとメールサーバーではDNSへの記録の仕方が少し異なってきます。

よく出るかつ代表的なものをみていこうと思います。

Aレコード

一般的なWebサーバーにドメインを当てるときに使われるレコードタイプです。

URLからWebサーバーのIPを正引きするときにこのレコードタイプが使われます。

MXレコード

メール送信時に使われるレコードタイプです。ただMXレコードを登録する前にはIPとサーバー自体を紐づけておく必要があるためAレコードを登録しておく必要があります。(そうしないとメールサーバー自体を探すことができないため。)

DNS設定ツールマニュアル 4. レコード情報編集

↑このリンクの登録を見るとイメージがわきやすいかと思います。

MXレコードには優先度という数字があり、(10,20など、10を最小値として10刻みが一般的なようです。)数字が小さいほど配送の優先度が高いようです。

よく出てくるのは上記のAレコードとMXレコードかと思われます。

NSレコード

主にサブドメインの管理などで使われるようです。

SOAレコード

ドメイン自体の管理情報を表すレコードタイプのようです。 host -vでみると必ずこのレコードタイプはセットされているのでドメイン登録時に自動的にセットされる類のものかもしれません。

下記リンクは各レコードタイプの違いが図解で大変わかりやすく説明されています。

【図解】初心者に分かりやすいDNSの仕組み〜GoogleのIP確認, 逆引きの必要性, レコードの種類等〜

MXレコードの登録

実際にメールを送信するには下記リンクが参考になります。

わかりやすい例としてはmail.ドメインなどとDNSレコードを登録するケースが一般的でしょう。

参考リンク

EC2でRoute53で登録したドメインでメールを送る

Amazon Route53 にMXレコード登録する

-サーバー・ネットワーク
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

パス名パラメータの未チェック・ディレクトリトラバーサル

本日もセキュリティ関係のネタを少々。ディレクトリ・トラバーサルという攻撃です。 Contents1 ディレクトリ・トラバーサルとは?2 被害3 対策4 参考リンク ディレクトリ・トラバーサルとは? g …

no image

laravel+vessel

現場のリーダー的な方に進められてVesselというDockerのインストールなどをサポートするツールを触ってみました。 特にlaravelのインストールなどに向いていますが、laravelでなくとも使 …

no image

Dockerでのメール送信に関して

Docker内でメール送信したいときなど。 通常であればWebコンテナ用にphp-7.4などのapache(or nginx)だけの最小構成になっていることがほとんどだと思いますので、メール送信ができ …

no image

サーバーの過負荷の発見 理論編

会社のテストサーバー(このブログが入っているサーバー)なんかが重くなってくると、再起動したりしているわけなんですが、CPUやメモリの使用率をみたり、といったシステマティックな運用はしてないです。 本来 …

no image

jenkinsのオートデプロイ

久々にJavaやりました。 Contents1 やりたいこと2 ハマりポイント2.1 Antでのjobの設定2.2 jenkinsでビルドできない2.3 jenkinsのオートデプロイ2.4 SSHで …