skillup

技術ブログ

アーキテクト設計全般

DIとDIコンテナについて再考

投稿日:2020年5月25日 更新日:

今までも何度かやったDI(Dependency Injection = 依存性の注入)について。

以前のリンク

PHPにおけるDI

スコープアノテーションとCDIについて

DIとはシンプルに言うと?

あるプログラムとあるプログラムを疎結合にしておき(切り離し)、外部から入力可能にしておくこと(これを注入などと言っています。)

だと解釈しています。

具体的に例をみていこうと思います。

サンプルコードと解説

Pet.php

Cat.php

Dog.php

Animal.php

上記の $animal = new Animal(new Dog('pochi'));の部分が依存性(AnimalはDogに依存しています)を注入していることになります。

プログラムをこのように書くことによってインスタンスの生成部分が仮にnew Cat(‘tama’) になってもAnimalには一切影響がありません。

もしこう言った考えがなく、Animalの中でDogやCatを生成していた場合、変更がききません。

DIコンテナとは?

上記のような非常に簡単な例だった場合はいいのですが、クラスが何十にもあった場合は、このような注入作業が大変になります。

Animalの引数がめちゃくちゃいっぱいになっちゃいますよね・・・・

この場合、Animalとサブクラス群(DogやCat)を結びつける専用の仕組みが必要になります。

それがDIコンテナと言われるものです。

サンプルコードと解説

PHPではpimpleと言うシンプルなDIコンテナが使えます。

https://pimple.symfony.com/

di_config.php

Animal.php

上記のようにプログラムを作っておくことで、変更があってもdi_config.phpのみに集中し、Animal.phpに変更が少ないないことが特徴です。

https://github.com/umanari145/phptips/tree/master/di/type2

参考リンク

DIとは?DIコンテナとは?試してみた(後編)[PHP][Pimple][DI]

DI・DIコンテナ、ちゃんと理解出来てる・・?

PHPでDIをやる(pimple)

-アーキテクト設計全般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

オブジェクト指向 データベース層

本日も引き続き「現場で役立つシステム設計の原則」を読み進めてます。 本日は主にデータベース層の考え方について。 Contents1 データべース層1.1 要点1.1.1 典型的なダメテーブル設計1.1 …

no image

Facadeパターンについて(Laravelを題材に)

LaravelのFacadeについて自作する機会があったので、メモ。 デザインパターンの一種かと思います。 Contents1 サンプル2 使い所3 メリット4 デメリット5 参考リンク サンプル h …

no image

Saml認証とSSO(シングルサインオン)について

現在の案件ではSaml認証でSSO(シングルサインオン)をつかっているのでこちらについての調査を。 Contents1 Saml認証とは2 Oauthとの違い3 仕組み4 Saml認証のメリット4.1 …

no image

abstract,interface,traitなどについて

昔はようわからなかったabstract(継承全般)、interface、traitの使い分けなどについて。 今の現場でいろいろと考えることがあり、自分なりにいろんな方の知見を共有できたので、メモしてお …

no image

デザインパターンの使い所

昔からデザインパターンは勉強しておりましたが、使い所などで悩むことが多かったです。 現在の現場でいろいろなパターンを見させていただき、なんとなくではありますが使い所がわかったので、まとめてみようと思い …

アーカイブ