skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

AWSセキュリティグループについて

投稿日:2020年5月28日 更新日:

AWSのセキュリティグループに関して。

AWSには標準でセキュリティグループという概念があり、それぞれのインスタンスに対して、アクセスするパケットをポート番号で制御でき、この定義をセキュリティグループと言います。(EC2とRDSで設定可)

いわば標準のファイアウォールのようなものになります。

決められることは大きく以下の3つです。

  • どこから(特定IPからだけなど、もちろん任意も可能)
  • どこに対して(このインスタンス自体がアクセスできる先も制御できます)
  • どのポートを許可/遮断するか

例えば下記のようなパターンですね。

Webサーバー

特定IPのみから22番ポートと8080番ポートへの通信を許可

DBサーバー

特定IPのみから3306番ポートへの通信を許可

上記を特定のパターンとして定義しておき、保存しておきます。ポリシーと近い概念でしょうか。

特にDBはセキュリティを強化する必要があるのでWEBサーバーと特定IPのみにしておけば良いでしょう。

ちなみにどこからの設定を「インバウンド」、どこへを「アウトバウンド」といいます。

参考

Amazon Web Servicesではじめる新米プログラマのためのクラウド超入門 (CodeZine BOOKS) (日本語)

-サーバー・ネットワーク
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

nginx上でのcakePHP

cakePHP上をCentOS,nginx上で公開するときのメモなどを。 cakeのversionは2.5です。 /var/www/html/sampleapp直下にプログラムを配置するものとします。 …

no image

dockerでの環境構築 〜コンテナ作成し、実作業ができるまで(mac編)

今や環境構築の保存や移行などが比較的自由にできるようにはなってきていると思います。 自分の場合は未だにvagrantのイメージフォルダを移行してやっていますが(汗)。 参考リンク vagrantで仮想 …

no image

Amazon SESについて(Route53登録→SESで受信→S3で保存)

本日はAWSのSESのメモ。 2019年はJavaScriptとAWSを勉強する、と心に決め、JavaScriptの方は色々勉強しましたが、AWSの方が手付かずでした。 インフラ系はここ2年ぐらい進歩 …

no image

journald

CentOS7では従来のsyslogデーモンと並行してjournaldというログ管理サービスがあります。 Contents1 コマンド一覧2 参考図書・リンク コマンド一覧 [crayon-6105d …

no image

CentOS7でのIP固定

日ごろ業務ではwindowsにVitrtualBox+VagrantにCentOSをいれていたのですが、スペックにややネックがあったため、今は使っていないPCにCentOS7を入れて開発企図して使うこ …