skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

AWSセキュリティグループについて

投稿日:2020年5月28日 更新日:

AWSのセキュリティグループに関して。

AWSには標準でセキュリティグループという概念があり、それぞれのインスタンスに対して、アクセスするパケットをポート番号で制御でき、この定義をセキュリティグループと言います。(EC2とRDSで設定可)

いわば標準のファイアウォールのようなものになります。

決められることは大きく以下の3つです。

  • どこから(特定IPからだけなど、もちろん任意も可能)
  • どこに対して(このインスタンス自体がアクセスできる先も制御できます)
  • どのポートを許可/遮断するか

例えば下記のようなパターンですね。

Webサーバー

特定IPのみから22番ポートと8080番ポートへの通信を許可

DBサーバー

特定IPのみから3306番ポートへの通信を許可

上記を特定のパターンとして定義しておき、保存しておきます。ポリシーと近い概念でしょうか。

特にDBはセキュリティを強化する必要があるのでWEBサーバーと特定IPのみにしておけば良いでしょう。

ちなみにどこからの設定を「インバウンド」、どこへを「アウトバウンド」といいます。

参考

Amazon Web Servicesではじめる新米プログラマのためのクラウド超入門 (CodeZine BOOKS) (日本語)

-サーバー・ネットワーク
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

環境構築の手法について

2019年9月現在、PHPは7系(最新は7.3)を使うことが一般的ですが、たまにレガシー案件などでPHP5系を使ったりすることはあります。 まあ7系でも7.0じゃ動かないとか色々な制約あるんですけど・ …

no image

form以外でのPOST送信(というかHTTP通信全般)

前回の記事に引き続きですが、APIを叩く側はformでデータを送るのではなく、コードの中にPOSTする処理を書きます。 選択肢としては curlコマンドを使う file_get_contentsを使う …

no image

メールの文字化け対策

メールの文字コードに関して、色々ごまかしながらやってましたが真面目に取り組む必要があり、ここでメモ。 Contents1 前提条件2 ヘッダー部分3 メール本文3.1 Content-Transfer …

no image

webサーバーがどのように動いているか(GETとPOST)

webがリクエストを受け取って画面に表示するまでの流れをおさらい。基本です。 Contents1 全体の流れ2 参考文献 全体の流れ 1 ユーザーがブラウザのURL欄に[crayon-61763e9a …

no image

docker上でミニサービスを起動させるまで

dockerで何とかホストOS上でサービスを起動させるところまでは終了。 Contents1 やったこと2 苦戦したこと やったこと CentOSのイメージを取得 [crayon-61763e9ae7 …