skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

AWSセキュリティグループについて

投稿日:2020年5月28日 更新日:

AWSのセキュリティグループに関して。

AWSには標準でセキュリティグループという概念があり、それぞれのインスタンスに対して、アクセスするパケットをポート番号で制御でき、この定義をセキュリティグループと言います。(EC2とRDSで設定可)

いわば標準のファイアウォールのようなものになります。

決められることは大きく以下の3つです。

  • どこから(特定IPからだけなど、もちろん任意も可能)
  • どこに対して(このインスタンス自体がアクセスできる先も制御できます)
  • どのポートを許可/遮断するか

例えば下記のようなパターンですね。

Webサーバー

特定IPのみから22番ポートと8080番ポートへの通信を許可

DBサーバー

特定IPのみから3306番ポートへの通信を許可

上記を特定のパターンとして定義しておき、保存しておきます。ポリシーと近い概念でしょうか。

特にDBはセキュリティを強化する必要があるのでWEBサーバーと特定IPのみにしておけば良いでしょう。

ちなみにどこからの設定を「インバウンド」、どこへを「アウトバウンド」といいます。

参考

Amazon Web Servicesではじめる新米プログラマのためのクラウド超入門 (CodeZine BOOKS) (日本語)

-サーバー・ネットワーク
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

自力での監視

Zabbixの勉強を進めていますが、マニュアル通りに設定していて、中で何をやっているかをあまり理解していなかったりします。 それだとちょっとまずいのでZabbixでの構築とともに自力での監視スクリプト …

no image

Python+cgiでwebアプリを動かすまで

PythonでRESTAPI的なプログラムを作った時のメモ。 あまりCGIで実行する人がいないようで、情報がそこまでありませんでしたが、Perlでやった経験もあり、動かせました。 Contents1 …

no image

25番ポートブロッキング

ほぼ一般常識に属するようなことを知らなかったため、メモ。 先日メールアカウントを開設した際に自分の環境では送信できるのに、他人の環境では送信できないということが発生しました。 最初はoutlookの設 …

no image

heroku scheduler(cron的なもの)

herokuでアプリをデプロイしたあと定期的に走らせたいバッチなどがあるとき、cronを使うことを考えると思いますが、herokuではheroku Schedulerというアプリを使います。 hero …

no image

herokuでのhttpd.conf設定

前回の記事でLet’s EncryptでSSL設定する場合、 http://ドメイン/.well-known/ というURLにアクセスする必要があります。 ただherok …