skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

AWSセキュリティグループについて

投稿日:2020年5月28日 更新日:

AWSのセキュリティグループに関して。

AWSには標準でセキュリティグループという概念があり、それぞれのインスタンスに対して、アクセスするパケットをポート番号で制御でき、この定義をセキュリティグループと言います。(EC2とRDSで設定可)

いわば標準のファイアウォールのようなものになります。

決められることは大きく以下の3つです。

  • どこから(特定IPからだけなど、もちろん任意も可能)
  • どこに対して(このインスタンス自体がアクセスできる先も制御できます)
  • どのポートを許可/遮断するか

例えば下記のようなパターンですね。

Webサーバー

特定IPのみから22番ポートと8080番ポートへの通信を許可

DBサーバー

特定IPのみから3306番ポートへの通信を許可

上記を特定のパターンとして定義しておき、保存しておきます。ポリシーと近い概念でしょうか。

特にDBはセキュリティを強化する必要があるのでWEBサーバーと特定IPのみにしておけば良いでしょう。

ちなみにどこからの設定を「インバウンド」、どこへを「アウトバウンド」といいます。

参考

Amazon Web Servicesではじめる新米プログラマのためのクラウド超入門 (CodeZine BOOKS) (日本語)

-サーバー・ネットワーク
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

PHP_CodeSnifferによるコードチェック

昨日の記事でphpmdという静的解析ツールを調査したんですが、それ以外にも規約にのっとっているかどうかコーディングをチェックできるツールはあります。 PHP_CodeSniffer https://g …

no image

mod_aliasに関して

同一ドメインでパスによってルートディレクトを分けたい時。 この場合、apacheの設定ファイルをいじることになります。 一般的にはhttpd.confではなく*.confと言った設定ファイルを使い、エ …

no image

Lambdaでの注意点

前に個人的な学習でLambdaを勉強しましたが、仕事で使う機会があり、気をつけるポイントを再度確認。 以前の学習リンク Amazon SESでの受信→S3→Lambdaでのメール転送 Contents …

no image

HTTPヘッダ・インジェクション+オープンリダイレクタ

Contents1 HTTPヘッダ・インジェクションとは?1.1 被害(ほぼクロスサイト・スクリプティング攻撃による脅威と同じ脅威)1.2 対策2 オープンリダイレクタとは?2.1 対策 HTTPヘッ …

no image

S3 commandPoolについて

S3のcommandPoolに関して。 S3にファイルをアップロード、ダウンロードするときに、1つ1つファイルをアップロード、ダウンロードすることが一般的かと思いますが、ファイル数が多くなるとなかなか …

アーカイブ