skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

IPアドレスの構成に関して(主にネットワーク、ホスト、サブネットマスクなど)

投稿日:

インフラ周りの知識がスカスカなので復習もかねて学習中です。

ネットワークはほとんどインフラの方にやっていただいたので、知識がまとまっていない・・

IPアドレスに関して

当たり前ですが、ネットワーク上の住所のようなものです。正確には現在のものはIPv4です。

XXX.XXX.XXX.XXX

のように表されることが多いですが、本来は1か0の32桁です。この2進数表記だとわかりにくいため、8桁ずつを0〜256までの数値で表記しています。

ネットワーク部とホスト部

IPアドレスはネットワークとホストに別れ、どのホストがどのネットワークに属しているかという情報を表しています。

例えば

111.222.121.222
*111.222がネットワーク、121.222がホストなど。

ネットワークが都道府県、ホストがその中の市町村のようなものでしょうか。

32ビット内のどこからどこまでがネットワーク部でどこまでがホストかというのは固定されていないので、最初の3桁のこともあれば9桁のこともあります。

サブネットマスク

IPアドレスのどこまでがネットワークアドレスなのかを表記するためにサブネットマスクというものを使います。

IPアドレス同様、32ビットの2進数の数値になります。

例えばネットワーク部が先頭24ビットになり、残り8ビットをホストにする場合、サブネットマスクは 11111111.11111111.11111111.00000000のように表され、これを10進数で表記すると 255.255.255.0 のようになります。

IPアドレスの表記でも下記のように表記される時があるかと思います。

また下記のように書くこともあります。下記のような表記をCIDR表記と言います。

同一ネットワークのサーバーなどは容易に通信できますが、そうでない場合は別ネットワークになります。

例.同一ネットワーク

172.16.0.1/16 172.16.1.2/16

別ネットワーク

172.16.0.1/24 172.16.1.2/24

参考リンク

IPアドレスの基礎知識

サブネットマスクとは

-サーバー・ネットワーク
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

vagrant 複数ホストを起動

ansbileを使おうと思ったんですが、ansibleはホスト1→ホスト2という構成になっているため、2台のホストがないと使えません。 MACであればローカル環境からいけますし、Windowsでもcy …

no image

CSRF(クロスサイト・リクエスト・フォージェリ)

Contents1 CSRF(クロスサイト・リクエスト・フォージェリ)とは?2 被害3 対策4 参考(トークンチェック) CSRF(クロスサイト・リクエスト・フォージェリ)とは? ウェブサイトの中には …

no image

vagrant share

実はvagrantを使って仮想環境を一時的ではありますが、webから見ることができます。 1 まずはhttps://atlas.hashicorp.com/account/newにてアカウント登録。そ …

no image

ECCUBE2,3でのnginx利用

ECCUBE2,3をインストールする機会があったのでメモ。 例によってnginxの設定がめんどいですね。・・ ファイルパス ECCUBE2,ECCUBE3ともに下記パス,URLと仮定します。 [cra …

no image

Gitのブランチについて

ちょっといろいろと触っているGitに関して。 前回は作業ディレクトリ、インデックス、コミットについて説明したのですが、今回はブランチについて行います。 Contents1 ブランチとは?2 ブランチに …