skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

IPアドレスの構成に関して(主にネットワーク、ホスト、サブネットマスクなど)

投稿日:

インフラ周りの知識がスカスカなので復習もかねて学習中です。

ネットワークはほとんどインフラの方にやっていただいたので、知識がまとまっていない・・

IPアドレスに関して

当たり前ですが、ネットワーク上の住所のようなものです。正確には現在のものはIPv4です。

XXX.XXX.XXX.XXX

のように表されることが多いですが、本来は1か0の32桁です。この2進数表記だとわかりにくいため、8桁ずつを0〜256までの数値で表記しています。

ネットワーク部とホスト部

IPアドレスはネットワークとホストに別れ、どのホストがどのネットワークに属しているかという情報を表しています。

例えば

111.222.121.222
*111.222がネットワーク、121.222がホストなど。

ネットワークが都道府県、ホストがその中の市町村のようなものでしょうか。

32ビット内のどこからどこまでがネットワーク部でどこまでがホストかというのは固定されていないので、最初の3桁のこともあれば9桁のこともあります。

サブネットマスク

IPアドレスのどこまでがネットワークアドレスなのかを表記するためにサブネットマスクというものを使います。

IPアドレス同様、32ビットの2進数の数値になります。

例えばネットワーク部が先頭24ビットになり、残り8ビットをホストにする場合、サブネットマスクは 11111111.11111111.11111111.00000000のように表され、これを10進数で表記すると 255.255.255.0 のようになります。

IPアドレスの表記でも下記のように表記される時があるかと思います。

また下記のように書くこともあります。下記のような表記をCIDR表記と言います。

同一ネットワークのサーバーなどは容易に通信できますが、そうでない場合は別ネットワークになります。

例.同一ネットワーク

172.16.0.1/16 172.16.1.2/16

別ネットワーク

172.16.0.1/24 172.16.1.2/24

参考リンク

IPアドレスの基礎知識

サブネットマスクとは

-サーバー・ネットワーク
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

キャッシュについて(主にmemcachedを中心に)

Webサービスのパフォーマンス向上で目に見えて効果があることの一つがDBへのアクセス回数を減らすことです。 それはSQLを発行する回数を少なくするなど、普段からのプログラムの書き方ももちろん大事なので …

no image

サーバーレスやPassについての所感など

firebaseについてここ数日ちょこちょこ触りました。一昔前はwebアプリというと、ほとんどがCentOSにapacheとMySQLを入れて・・・というパターンが大部分でしたが、2020年6月現在、 …

no image

Linuxコマンドでのテキスト整形 CSV系の処理など

以前、対テキストファイル系のLinuxコマンドの使い方を紹介しましたが、その関連エントリーを。 今回やるのはCSV系の処理ですね。 id name age 1  suzuki 35 2  tanaka …

no image

clamAV

ウイルスソフトclamAVのインストールと使用法について Contents1 インストール1.1 CentOS61.2 CentOS72 スキャン実行の設定に関して インストール CentOS6 [c …

no image

dockerコマンドについて再考(ttyや/bin/bashなど)

Contents1 ttyオプションに関して2 docker execコマンドに関して2.1 ログインしないパターン2.2 shellに関して ttyオプションに関して dockerでnodeを起動さ …