skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

IPアドレスの構成に関して(主にネットワーク、ホスト、サブネットマスクなど)

投稿日:

インフラ周りの知識がスカスカなので復習もかねて学習中です。

ネットワークはほとんどインフラの方にやっていただいたので、知識がまとまっていない・・

IPアドレスに関して

当たり前ですが、ネットワーク上の住所のようなものです。正確には現在のものはIPv4です。

XXX.XXX.XXX.XXX

のように表されることが多いですが、本来は1か0の32桁です。この2進数表記だとわかりにくいため、8桁ずつを0〜256までの数値で表記しています。

ネットワーク部とホスト部

IPアドレスはネットワークとホストに別れ、どのホストがどのネットワークに属しているかという情報を表しています。

例えば

111.222.121.222
*111.222がネットワーク、121.222がホストなど。

ネットワークが都道府県、ホストがその中の市町村のようなものでしょうか。

32ビット内のどこからどこまでがネットワーク部でどこまでがホストかというのは固定されていないので、最初の3桁のこともあれば9桁のこともあります。

サブネットマスク

IPアドレスのどこまでがネットワークアドレスなのかを表記するためにサブネットマスクというものを使います。

IPアドレス同様、32ビットの2進数の数値になります。

例えばネットワーク部が先頭24ビットになり、残り8ビットをホストにする場合、サブネットマスクは 11111111.11111111.11111111.00000000のように表され、これを10進数で表記すると 255.255.255.0 のようになります。

IPアドレスの表記でも下記のように表記される時があるかと思います。

また下記のように書くこともあります。下記のような表記をCIDR表記と言います。

同一ネットワークのサーバーなどは容易に通信できますが、そうでない場合は別ネットワークになります。

例.同一ネットワーク

172.16.0.1/16 172.16.1.2/16

別ネットワーク

172.16.0.1/24 172.16.1.2/24

参考リンク

IPアドレスの基礎知識

サブネットマスクとは

-サーバー・ネットワーク
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

composer経由でのpearライブラリのインストール

2018年7月現在、PHPのライブラリはほとんどComposer経由でインストールできるかと思いますが、稀にComposerに対応していないものもあり、その場合、pearから取得してくる必要があります …

no image

キャッシュについて(主にmemcachedを中心に)

Webサービスのパフォーマンス向上で目に見えて効果があることの一つがDBへのアクセス回数を減らすことです。 それはSQLを発行する回数を少なくするなど、普段からのプログラムの書き方ももちろん大事なので …

no image

form以外でのPOST送信(というかHTTP通信全般)

前回の記事に引き続きですが、APIを叩く側はformでデータを送るのではなく、コードの中にPOSTする処理を書きます。 選択肢としては curlコマンドを使う file_get_contentsを使う …

no image

サーバー調査(主にログ調査に関して)

実務でサーバーなどの調子が悪いときに見るポイントなどをリストアップ。 基本はログの調査 プログラムも同じだと思いますが、基本的にはログを見ていくことになります。 見たほうが良いログなどは下記のもの C …

no image

nginxの設定&php-fpmインストール

本日、久しぶりにPHPのWebアプリを別サーバーに移行したのですが、nginxの設定でかなり手間取りましたのでちょっと記録しておきます。 Contents1 nginxの設定1.1 インストール1.2 …