skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

VPCでEC2+RDSを構築

投稿日:

以前の記事で、VPCを使ってEC2の環境を作りましたが、一般的にwebアプリはwebサーバーとDBがセットになることがほとんどだと思いますので、AWSでこの環境を構築してみようと思います。

イメージ図

*EC2のサブネットは外に通じていますが、DBは通じていないため、直でアクセスができません。アクセスするときはEC2をSSHで踏み台にして、そこからアクセスする必要があります。

RDSの設定に関するポイント

サブネットグループ

DBのサブネットは個別のサブネットではなく、複数のアベイラビリティーゾーンを含むサブネットグループという複数のサブネットを定義することになります。

*アベイラビリティーゾーン・・リージョンのさらに細分化された地域のことです。リージョンが国ならアベイラビリティーゾーンはその国の中の地域のようなものになるかと思います。

そのためにDBのサブネットはアベイラビリティーゾーンを散らせておきましょう。

RDSの設置画面から「サブネットグループ」→「DBサブネットグループ」→「サブネットグループ」の選択から複数のサブネットを選択すればOKです。

セキュリティグループ

RDSはEC2のみから接続が可能なようにしますので、下記のようにセキュリティグループを設定すればOKです。

その他のポイント

DBのホスト名ですが、相当するのは「エンドポイント」になります。

確認は当然EC2からDBに繋げるか(PHPの簡単なスクリプトなどでの検証が有効)を試せばOK。

上記のように設定しておけばEC2サーバーを踏み台しにしてRDSにつなげますが、直で繋ぎたい場合は、下記3点に気をつけて設定しましょう。

  • RDS作成時にパブリックアクセシビリティを「はい」にしておく
  • RDSのセキュリティグループで「MySQL/Aurora」「マイIP」を選択し、自分のIPを許可しておく
  • RDSのサブネットでルートテーブルの紐付けが必要

-サーバー・ネットワーク
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

dockerでの環境構築 〜コンテナ作成し、実作業ができるまで(mac編)

今や環境構築の保存や移行などが比較的自由にできるようにはなってきていると思います。 自分の場合は未だにvagrantのイメージフォルダを移行してやっていますが(汗)。 参考リンク vagrantで仮想 …

no image

OSキャッシュの仕組み

大規模サービス技術入門のつづきです。 主にOSのキャッシュメモリについてです。 メモリとディスクの速度差は10万倍~100万倍 いかにディスクへのアクセスを減らすかがポイント OSは各プロセスにメモリ …

no image

dockerインストール

ansibleに続いてdockerについて書いていこうと思います。 Contents1 dockerとは?1.1 インストール1.2 イメージ取得&コンテナ作成1.3 commit1.4 参考リンク …

no image

簡易サーバー(http-serverなど)

一般的にwebアプリを構築する際にはApacheやnginxといったwebサーバーを立てることが多いのですが、ローカルの開発環境で入れるのが面倒で、もっと簡易的にサクッと入れられる仕組みが欲しかったり …

no image

PHP_CodeSnifferによるコードチェック

昨日の記事でphpmdという静的解析ツールを調査したんですが、それ以外にも規約にのっとっているかどうかコーディングをチェックできるツールはあります。 PHP_CodeSniffer https://g …

アーカイブ