skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

VPCでEC2+RDSを構築

投稿日:

以前の記事で、VPCを使ってEC2の環境を作りましたが、一般的にwebアプリはwebサーバーとDBがセットになることがほとんどだと思いますので、AWSでこの環境を構築してみようと思います。

イメージ図

*EC2のサブネットは外に通じていますが、DBは通じていないため、直でアクセスができません。アクセスするときはEC2をSSHで踏み台にして、そこからアクセスする必要があります。

RDSの設定に関するポイント

サブネットグループ

DBのサブネットは個別のサブネットではなく、複数のアベイラビリティーゾーンを含むサブネットグループという複数のサブネットを定義することになります。

*アベイラビリティーゾーン・・リージョンのさらに細分化された地域のことです。リージョンが国ならアベイラビリティーゾーンはその国の中の地域のようなものになるかと思います。

そのためにDBのサブネットはアベイラビリティーゾーンを散らせておきましょう。

RDSの設置画面から「サブネットグループ」→「DBサブネットグループ」→「サブネットグループ」の選択から複数のサブネットを選択すればOKです。

セキュリティグループ

RDSはEC2のみから接続が可能なようにしますので、下記のようにセキュリティグループを設定すればOKです。

その他のポイント

DBのホスト名ですが、相当するのは「エンドポイント」になります。

確認は当然EC2からDBに繋げるか(PHPの簡単なスクリプトなどでの検証が有効)を試せばOK。

上記のように設定しておけばEC2サーバーを踏み台しにしてRDSにつなげますが、直で繋ぎたい場合は、下記3点に気をつけて設定しましょう。

  • RDS作成時にパブリックアクセシビリティを「はい」にしておく
  • RDSのセキュリティグループで「MySQL/Aurora」「マイIP」を選択し、自分のIPを許可しておく
  • RDSのサブネットでルートテーブルの紐付けが必要

-サーバー・ネットワーク
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

シェルスクリプトでのsshログインとメール送信

久々にシェルスクリプトをやったんでその復習を。 応用範囲は結構広そうです。 Contents1 ファイルの読みこみ方2 関数の定義、使い方3 SSHログイン4 ssh鍵認証つきのログイン5 メール送信 …

no image

ansible rolesなど

ansibleはある程度ファイルが肥大化してくると、管理するのが大変になります。 一般的にはプログラムのようにある程度のまとまりにわけてそれを読み込むということになります。 ある程度のまとまりのことを …

no image

nginxのデバッグ

今までいろいろと苦しめられてきた(汗)nginxのデバッグについて。 まず任意の文字や変数をログに出すことができます。 Contents1 変数の出力1.1 rewriteデバッグ2 小ネタ 変数の出 …

no image

基本的なSSHの設定

一般的なサーバーのSSH対策に関して。素のままでいるとあっという間に不正アクセスの餌食になります。 ちなみにサーバーとしてSSHの設定をいじる場合は[crayon-5f704c9648b5795834 …

no image

Dockerfile作成での気づきなど(php+webサーバー)

実務で、Dockerfileを色々いじっていたんのでそこで得た気づきなどを。 Contents1 基本的な構成の考え2 アプリに関して 基本的な構成の考え 以前はCentOSを入れてその中にphp、M …