skillup

技術ブログ

Git

GitLabのCI/CD

投稿日:

GitLabをGitHubがわりに使っているプロジェクトがあったのですが色々調べているうちにCI/CD的な使い方ができるといことで調査することに。

jenkinsでやったようなCI/CDができます。おそらくGitHubにも似たような機能があるのだと思います。

概要

サーバーをどこか借りてインストールし、クローズドな環境を構築することもできるようですが、https://gitlab.com にログインしてアカウントを作成すれば使用することが可能です。

GitLabのCI/CDですが、

具体的にはpush時に

  • dockerの仮装環境をロードし、
  • その環境下でbuild,test,deployなどのような一連のプロセスの実行

が可能です。ほぼjenkinsと同様ですね。

実際の作業

.gitlab-ci.yml というファイルを作成し、ソースの1階層目に記述し、

超簡易的なタスクですが上記のように記述して実行すると自動でタスクが実行され結果が表示されます。

その後、下記の画面でジョブが実行されているのがわかるかと思います。

CI/CD→Jobsを選択

JobID(#〜)などをクリックしてあげると実際の実行プロセスが見えます。

参考リンク

GitlabでWordPressをCIする手順

GitLab CI/CDパイプライン設定リファレンス

-Git
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

gitの作業ディレクトリ・インデックス・HEADに関して

gitを使い始めてしばらくたちますが、まだ明確なイメージがつかめていないです(汗) みようみまねでやっていて、ポイント、ポイントで困ったことは検索してなんとか対応してきましたが、体系的な理解ができてい …

no image

Gitについて基本頻出系

Gitでよく使うコマンドのまとめなんぞを。 Contents1 リポジトリ作成&基本設定2 リポジトリ取り込み系3 インデックス登録→コミット→リモート登録→プッシュ4 変更戻し系(基本的に中 …

no image

gitのfetchに関して

gitでリモートの変更を取り込む場合、大きく分けるとfetchとpullがあります。 両者の違いですが、 fetch=一度、変更を取り込んで、ローカルの変更と相違点を確認できます。確認後mergeを行 …

no image

GitLabのWebhook

前回の記事でGitLabのCI/CDを特集しましたが、実は今回やりたかったのはそこまで大掛かりなCIではなく、プッシュ時にオートマージ、オートデプロイなどでしたので、もっと簡単な仕組みでできます。 例 …

no image

Git→Jenkinsの連携

気がついたら投稿数が50超えてましたね。 ガチンコ塾とあわせて更新してますが、2ヶ月ちょいなので結構いいペースで更新しているかと思います。 大切なのはこれを継続できるかですね。ただ、ガチンコ塾に比べる …