skillup

技術ブログ

Git サーバー・ネットワーク

GitLabのWebhook

投稿日:

前回の記事でGitLabのCI/CDを特集しましたが、実は今回やりたかったのはそこまで大掛かりなCIではなく、プッシュ時にオートマージ、オートデプロイなどでしたので、もっと簡単な仕組みでできます。

例えば特定ブランチ(全てでも可能)プッシュ時に特定のURLを叩き何らかの処理を行う(マージ、デプロイ、メール通知)などですね。

このような仕組みをWebhookといいます。(一般的なWebサービスによくある仕組みだと思います。)

GitLabでは下記の画面から簡単に設定できます。権限によっては見えないかもしれません。


メニューのSettings→Webhooksを選択します。

上記画面の「URL」には叩くとオートマージ、オートデプロイを実行できるURLを選びます。

「SecretToken」は未設定でもいけますが、不正アクセス防止のためにハッシュ値などをセットしておき、このハッシュ値と称号して、OKであればスクリプトを実行するなどすればOKです。

Triggerで「Push events」にチェックを入れておけばOKです。ブランチ名を入れておくとそのケースでのみ、実行されます。

上記で必要な項目に入力をして、「Add Webhook」を押せば登録されます。

この後、

  1. 特定のブランチにプッシュ
  2. プッシュをトリガーにして、別サーバーのあるURLを叩く
  3. そのURLにオートマージ、オートデプロイなどのスクリプトを実行

などができます。

参考リンク

GitlabのWebhookを使って簡易デプロイ(Webサーバへ)をしてみた

GitLabからwebhook+PHPで超簡易自動デプロイシステムを作る

-Git, サーバー・ネットワーク
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ネットワークコマンドについて(ping,nslookup,host,digなど)

前回のDNSの時にレコードタイプについて調べましたが、以前からあやふやだったネットワーク系のコメントについても調べてみようかと思います。 参考リンク 名前解決・疎通確認する際の基本的なLinuxコマン …

no image

Vagarant+Eclipse(Perl)での作業環境構築

現在の案件でPerlの改修があるんですが、windowsだとモジュールの依存関係でうまくコンパイルできなかったりといろいろとトラブルが起こったんで、今はやりの仮想環境でやることに。 まだ完ぺきではない …

no image

システム監視の基礎

システム監視のルールがほとんどないので、ちょっと勉強中です。 Contents1 危険率の判定2 参考文献 危険率の判定 今まで一番知りたかったことがこれなんですね。例えばシステムに負荷がかかっている …

no image

herokuでのhttpd.conf設定

前回の記事でLet’s EncryptでSSL設定する場合、 http://ドメイン/.well-known/ というURLにアクセスする必要があります。 ただherok …

no image

git別リポジトリからの差分取りこみ、リモートの別ブランチ反映、強引なstash

gitについて最近覚えたことなど Contents1 別リポジトリからの差分取り込み2 別ブランチからファイルのみ取り込み3 追跡ブランチをローカルに取り込みたいとき4 強引なgit stash 別リ …

アーカイブ