skillup

技術ブログ

Git サーバー・ネットワーク

GitLabのWebhook

投稿日:

前回の記事でGitLabのCI/CDを特集しましたが、実は今回やりたかったのはそこまで大掛かりなCIではなく、プッシュ時にオートマージ、オートデプロイなどでしたので、もっと簡単な仕組みでできます。

例えば特定ブランチ(全てでも可能)プッシュ時に特定のURLを叩き何らかの処理を行う(マージ、デプロイ、メール通知)などですね。

このような仕組みをWebhookといいます。(一般的なWebサービスによくある仕組みだと思います。)

GitLabでは下記の画面から簡単に設定できます。権限によっては見えないかもしれません。


メニューのSettings→Webhooksを選択します。

上記画面の「URL」には叩くとオートマージ、オートデプロイを実行できるURLを選びます。

「SecretToken」は未設定でもいけますが、不正アクセス防止のためにハッシュ値などをセットしておき、このハッシュ値と称号して、OKであればスクリプトを実行するなどすればOKです。

Triggerで「Push events」にチェックを入れておけばOKです。ブランチ名を入れておくとそのケースでのみ、実行されます。

上記で必要な項目に入力をして、「Add Webhook」を押せば登録されます。

この後、

  1. 特定のブランチにプッシュ
  2. プッシュをトリガーにして、別サーバーのあるURLを叩く
  3. そのURLにオートマージ、オートデプロイなどのスクリプトを実行

などができます。

参考リンク

GitlabのWebhookを使って簡易デプロイ(Webサーバへ)をしてみた

GitLabからwebhook+PHPで超簡易自動デプロイシステムを作る

-Git, サーバー・ネットワーク
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

firewall復習 ansibleコマンドもかねて

CentOS7ではファイアーウォールの設定をfirewallというコマンドで行います。要はportのブロックですね。 以前下記リンクでもfirewallについて書いたんですが、あまり理解もできていなか …

no image

DNSの仕組み

本日はDNSについて。 とりあえず要点のみ DNSのざっくりとした仕組み ネットワーク上での住所を決める仕組み。 本来はIPがその役割を果たしている. [crayon-5f717b54b8ade651 …

no image

ansible複数アイテム登録&ファイル分割&ログ

引き続きansibleに関して。 Contents1 設定ファイルの書き換え1.1 ini_file1.2 lineinfile2 複数の値の置換3 ファイル分割3.1 ログ修正 設定ファイルの書き換 …

no image

VPSのCentOS上にVirtualBox+Vagrantをインストール

普段使っているPCにVirtualBox+Vagrantをいれることはあったんですが、VPS上のCentOSに仮想環境を入れたいとの要件があり、試してみました。 結論からすると結局できなかったんですが …

no image

SMTP-AUTHのメール送信

メールに関して以前にもこんなこと書きましたが、今更ながらトラブルが起きたのでしっかり理解しておかないと・・・ 基礎が弱いと困るのう・・・ ロリポップなどのサーバーでmb_send_mailを打てばよく …