skillup

技術ブログ

JavaScript サーバー・ネットワーク

vueの環境構築に関して(モジュールバンドラの比較やvue-cliコマンドなど)

投稿日:2020年6月15日 更新日:

vueをビルドする場合、一般的にはwebpackなどのモジュールバンドラを使うかと思います。少しまとめて置こうかと思います。

モジュールバンドラ

私が見るポイントとして下記3点です。

  • ファイル監視の自動更新(ブラウザホットリロードはできれば程度)
  • ビルド時間
  • デバッグ
  • 最低限カスタマイズができること
  • 設定がある程度簡便なこと

webpack

一番有名なのはこれだと思います。情報が出て来やすく、FWなしだと多くのかたはこれを使うかと思います。

難点としては色々な設定ができる分、その分設定が結構面倒臭いです。

vue cliでテンプレートは作ってもらえますが、理解できないパラメータがあるのは結構不愉快です。(3系以上はdefaultで大部分作ってくれますが。)またビルド時間も少し重い印象です。

依存ライブラリも多く、インストールでこけることも多々ありました。

laravel-mix

laravel使っている方であれば標準で入っているので使っているでしょう。

laravel使わなくてもこれ単体で使えます。実質webpackのラッパーですのでwebpackと同じなんです。

webpack.mix.jsが設定ファイルですが、複雑な設定(特にプラグイン関連の記述)があまりなく、元ファイルと出力ファイルを書く程度で非常に直感的にかけます。

ビルド時間はwebpackと同じか少し遅いかと思います。元のソースをベースにしたデバッグもできます。

rollup

比較的最近のモジュールバンドラです。vueで試したところうまくいかなかったのですが、設定ファイルもwebpackよりやや簡単で、わかりやすいです。

出力パターンをiifeにしておくと元のソースがそのまま残るため、デバッグが非常に簡単です。

ビルド時間も比較的短めです。

モジュールバンドラrollupについて

parcel

設定ファイル不要です。

ビルド時間も非常に高速で、主に小規模用のモジュールバンドラという印象です。

デバッグ時、元ファイルを参照することが難しく、ビルドされたファイルから想像しつつ、修正をしないといけません。

が、うまくデバッグできるような方法もありそうなので調査中です。

モジュールバンドラparcelについて

vue-cliについて

vueの環境を作るために勉強のために独自にvueの設定を調べたり、書いたりするのは勉強になりますが、実務ではvue-cliをインストールするのが一番楽だと思います。

npm install -g @vue/cli;

以前は npm install -g vue-cli; だったんですが(2系)2020年6月現在は4系になり上記のようにインストールし、

vue create プロジェクト名(ディレクトリ) で自動的に設定をしてくれます。

公式

https://cli.vuejs.org/

Vue CLI 3の変更点・使い方(vue-cliから@vue/cliにアップデート)

改善点1 簡易サーバーのルートテーブルの設定

dockerを使っているのですが、vue-cliも@vue/cliもホットリロードのURLはhttp://localhost:8080になるのですが、以前(vue-cli)はポートを開放してもつながらなかったのですが、今回(@vue/cli)では繋がりました。

vue-cliの場合(というかwebpackですが),npm run devの起動コマンドを下記のようにする必要があります。

package.json

Vue.jsのMarkdownアプリをコンテナで作った話

webpack.config.js

*「Invalid Host header」というメッセージが出た時に下記の修正をすれば改善されます。

webpack-dev-serverで起動したアプリが「Invalid Host header」と表示される場合の対処法

webpack4対応webpack-dev-serverの主要な設定オプション(CLI,webpack.config.js)の意味と挙動

vue/cliのドキュメントを見ましたが、3系では上記設定がdefaultでされているようです。

https://cli.vuejs.org/guide/cli-service.html#vue-cli-service-serve

改善点2 設定ファイルが簡易化

defaultで設定される項目が増えたことで、設定ファイルなしでも動くように見えます。最初使った時に、入力、出力ファイル名すら決めていないで、どこで設定されているのかと思いました。

カスタマイズしたい場合はvue.config.jsというファイルをおく必要があります。

https://cli.vuejs.org/config/#vue-config-js

vue-cli 3.0で始めるPWAとVue.jsのconfig周り

-JavaScript, サーバー・ネットワーク
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

sourceコマンドに関して(Linuxサーバー&MySQL)

Linux上ではコマンドをテキストファイルに記述して、

と入力すると命令を実行してくれます。 シェルスクリプトよりもお手軽に実行できる …

no image

WinSCPの活用法

WinSCPの活用方法などについて WinSCPでZIPの解凍、ZIPへの圧縮を右クリックからカスタムコマンドで実行できるようにする。 特にzipでファイルを固める処理はよくやるので覚えておきましょう …

no image

サーバー設定ファイルについて nginx

最近はwebサーバーのシェアとしてnginxが徐々に伸びてきていますね。 先日apacheについて解説をしましたが、nginxについて書きたいと思います。 Contents1 設定ファイル2 参考リン …

no image

S3 commandPoolについて

S3のcommandPoolに関して。 S3にファイルをアップロード、ダウンロードするときに、1つ1つファイルをアップロード、ダウンロードすることが一般的かと思いますが、ファイル数が多くなるとなかなか …

no image

zabbixオリジナルアイテム&トリガー

zabbixは標準でもかなりのアイテム&トリガーが入っていますが、オリジナルなものを入れたいときも当然あるかと思います。 そんなときにオリジナルのアイテム&トリガーを入れることができます。 実務ではg …

アーカイブ