skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

herokuへのdockerコンテナ送付とdocker volumeについて

投稿日:

herokuへのdockerコンテナ送付

Herokuですが、通常のソースをgitであげる以外にも、Dockerのコンテナをアップロードすることが可能です。

herokuにはProcfileという設定ファイルがあり、PHPだと、

web: vendor/bin/heroku-php-apache2

のように書きます。(書かなくてもdefaultで決まっています。)

herokuでのhttpd.conf設定

PHPのheroku(ヘロク)へのデプロイ

これはheroku上のdyno(heroku上で動くプラットフォームみたいなもの。コンテナ?とほぼ同義)を書いています。

通常はgitでソースをpushして、dynoの上に展開しますが、これをherokuで用意するのではなく、Dockerのコンテナをあげることができます。

ファイル構成

Dockerfile

↑これだけが最低限必須(あとは後述する必要な設定ファイルなどあれば置いておきましょう。)

コマンド

注意点

  • Dockerfileが必須。docker-composeでやっていると、 image: などでDockerfile書かなくてもいけるので要注意
  • docker-compose.ymlの情報は伝達されない。docker-composeでよく行うPORTのbindや設定ファイルの同期ができない
  • PORT→環境変数を使う必要あり(要調査)
  • 設定ファイル→Dockerfile内の記述で COPY conf.yml /etc/conf.ymlなどと書いておき、コンテナに直接設置
  • 基本的に上記のコマンドでできるのはwebアプリ側だけ、DBはaddonなどに別途インスタンスを付与する必要がある。

Dockerで作成したRailsアプリをHerokuにデプロイ

docker volumeの記述

dockerのコンテナとローカルPCのファイルの同期などは

と書けばOKです。一般的にwebアプリなどは開発ソースを同期させる必要があるので上記のように書くと思います。

DBも /var/lib/mysql 直下のバイナリデータを同期しておかないと、コンテナ起動のたびに、初期化されてしまいます。そのため、実データを同期する時に今まで、

のように書いていました。一応これで動いていたので、間違いにきづかなかったのですがdataフォルダが初期化できない・・などのエラーが別端末で出てこれがまずいと発覚しました。

よく調べてみるとデータベースのバイナリデータなどは下記のように書くことが正解のようです。

docker側の設定でローカルと同期する領域などを内部で自動的に決めているようですね。

Dockerのデータを永続化!Data Volume(データボリューム)の理解から始める環境構築入門

 

-サーバー・ネットワーク
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

yumのリポジトリについて

CentOSでは様々なパッケージが用意されていますが、標準で使えるもの以外にもさまざまなリポジトリがあります。 Contents1 リポジトリ一覧2 有効、無効や指定してのインストールについて リポジ …

no image

ファイル一括検索 xargsを利用した置換

実務でよくあるファイル一括置換。 sedに関しては以前も触れましたが使用範囲は多いですね。

ちなみにオプションがすごく大事でxargs …

no image

docker上でミニサービスを起動させるまで

dockerで何とかホストOS上でサービスを起動させるところまでは終了。 Contents1 やったこと2 苦戦したこと やったこと CentOSのイメージを取得 [crayon-6073145528 …

no image

SAM(AWSのサーバーレスフレームワーク)について

LambdaやAPIGatewayをちょこちょこいじってますが、goなどを使っているとローカルでの開発時にはAPIなどと直接連携したりすることはできません。 またデプロイ自体が面倒で画面からポチポチや …

no image

シェルスクリプトでのsshログインとメール送信

久々にシェルスクリプトをやったんでその復習を。 応用範囲は結構広そうです。 Contents1 ファイルの読みこみ方2 関数の定義、使い方3 SSHログイン4 ssh鍵認証つきのログイン5 メール送信 …