skillup

技術ブログ

PHP サーバー・ネットワーク

phpenvで入れたphpの起動スクリプトに関して

投稿日:

以前、CentOS7.7にphp5.3を入れるという案件がありましたが、yumなどでは入らないため、phpenvで入れました。

phpenv5.3+php-fpm

が、起動スクリプトを配置していないことに今更築き、こちらをセットすることに。

起動スクリプトの配置

結論から言いますと、phpenvのなかにスクリプトがあるのでこれを配置すればOKです。(これに気づくのに少し時間がかかりました。)

任意のスクリプトを自分で作っても当然OKです。

一般的に起動スクリプトは /etc/init.d 配下か /usr/lib/systemd/system 配下にスクリプトをおきます。CentOS6までは前者で、7からは後者になります。

ただCentOS7でも/etc/init.dにおけばsystemに組み込まれるようです。

/etc/init.d

こちらシェルスクリプトが書いてあるものになりますが、大事な要素としては下記3つの

  • 実行ファイル
  • 設定ファイル
  • プロセスファイル

ですかね。

この部分でパスを決めています。

勉強のためには自力で書くのがいいのですが、phpenvのなかに普通にありましたね・・・

で、配置し、通常通り下記コマンドで起動、自動設定、確認をすればOKです。

el7+phpenv+nginx(php-fpm)で開発環境を作り直した話 その2

/usr/lib/systemd/system

CentOS7以降はこちらです。

下記スクリプトを/usr/lib/systemd/system配下におき、

systemctl list-unit-files --type=service | grep php-fpm

でphp-fpmが表示されればOKです。

systemd Service Unit入門

php-fpmをsystemdで動かす時のメモ

-PHP, サーバー・ネットワーク
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

cakePHPの認証-Authコンポーネント

ひさびさにPHPをやる機会があり、短期での開発だったため、cakePHPを使いました。 以前やったことがあったんですが、もう2年以上たっていますね。 といいつつも昔のソースを見ながらやることで思い出し …

no image

PHP7に関して

先週きづいたのですが、PHPが5.6から7になりましたね。 まあ当分はまだPHP5で開発していきますが、herokuがいきなり7になり、アプリが動かないということが起こりました。 7対応させたかったん …

no image

WinSCPの活用法

WinSCPの活用方法などについて WinSCPでZIPの解凍、ZIPへの圧縮を右クリックからカスタムコマンドで実行できるようにする。 特にzipでファイルを固める処理はよくやるので覚えておきましょう …

no image

Laravelでのアプリ間のログイン連携

実務でLaravelで複数のアプリを作成し、アプリ同士でログイン連携をさせるという機能が実務であったため、メモします。 例えばhttp://example.comという売上管理のアプリでログイン認証を …

no image

PHPのheroku(ヘロク)へのデプロイ

有名なPaasのサービスであるherokuをちょっといじったのでその時のメモなどを。 Contents1 アカウント開設2 Heroku | Cloud Application Platform3 デ …