skillup

技術ブログ

ドキュメント作成

使える設計書作成に関して シーケンス図

投稿日:

使える仕様書ですが、細かいロジックなどシーケンス図も結構役に立つのでは・・と思いましたね。

シーケンス図とは下記のようなものです。

https://cacoo.com/ja/blog/what-is-sequence-diagram/

メリットとしては

  • 業務用の複雑なロジックを口頭で齟齬なく伝えるのはかなり難しい
  • 他のメンバーに仕事を触ることができる
  • コードから起こせば時間もそれほどかからない

などが考えられるでしょう。

そう言った観点から

ツールを漁っていましたが、下記のツールがかなりおすすめかと思います。

PlantUML

https://plantuml.com/ja/

このツールですが、

のように書いておけば、

のような画像ができます。(vscodeならすぐにリアルタイムで上記のような画像が作れます)

マークダウンとかでコードとセットにして入れておくといいのではないかなあと思います。

上の図からソースの大まかなロジックを作ることができますし、画像から仕様の齟齬を防ぐことができます。

すっごい簡単なサンプルですが作って見ました。

https://github.com/umanari145/uml/

なお、シーケンス図以外にも色々と用途はあるようで、様々な使い方ができます。

PlantUML Cheat Sheet

-ドキュメント作成
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ディレクション時に重要な視点

ディレクション(ベンダーや内製時)時に留意するポイント Contents1 開発ルールの構築2 アサインと人材スクリーニング3 言葉の共通化(特にアウトプット)4 問題化のキャッチアップ5 リソースの …

no image

仕様の把握で見るポイント

新しい現場に入って技術的な部分はもとより仕様の把握などでポイントになる点などを。 Contents1 ER図2 ステータス変更3 プレイヤー(イベント)整理4 タイムテーブル5 マトリックス表6 ダミ …

no image

新アプリの本番環境デプロイについて

新しく作ったWEBアプリを本番配置しようとしたんですが、何度もやっているはずの処理がいざやろうとするといろいろと手間取ってしまい、1時間近くかかりました。 容量悪いなーと思いつつ、こういった行為はなる …

no image

ドメイン決定&業務フローとの対応確認

Contents1 ドメイン決定2 業務フローとの対応2.1 実際の業務とエンティティ、画面の遷移2.2 ドメインのCRUD分析 ドメイン決定 業務フローを抽出し、エンティティを抽出した段階で次にドメ …

no image

基本設計書(シーケンス図)

基本設計書で気をつけるポイントなど。 要件が決まっており、処理の遷移や流れなどを知る時に、便利なのがシーケンス図だと思います。 アジャイルでもざっくり処理の流れを書いておけば、認識合わせに大分役立つは …