skillup

技術ブログ

プログラミング全般

アプリケーション間のデータの連携方法に関して

投稿日:

以前やった「現場で役立つシステム設計の原則」を再読してます。

今、読んでいるのはアプリ間のデータ連携に関して。

複数のアプリ間でデータをやり取りする場合、以下のような方法が考えられます。

  • ファイルを直接渡す(CSVなど)
  • データベースを共有する
  • APIでつなぐ
  • メッセージングで渡す

ちょっとそれぞれのメリット、デメリットを見ていこうかと。

ファイルを直接渡す

CSVファイルなどをダウンロードしたりするパターンです。一般的には定期バッチなどで他システムにデータを送ることが多いかと思われます。

メリット

  • 連携に関する工数がかからず簡便

デメリット

  • 受け取る側が基本的に加工することが前提
  • 単純なデータの型(CSV)タイプでないと送りにくい
  • CSVデータと実データで差分ができるケースがあり

データベースを共有

内部システムのデータ連携などによく使われるパターンです。サブシステムなどから連携するときはこのパターンが多いでしょう。

メリット

  • データを受け取る側がある程度自由にデータを取得できる(リレーションなど)
  • 直接データを見るパターンになり、データの差分がない

デメリット

  • 不特定多数のユーザーには使えず、内部システム限定
  • 結合度が強くなりがち(参照するテーブルの変更の影響を受ける)
  • 接続を可能にするための権限の設定など要考慮

API

一般的にはRESTAPIのことをさすことが多く、データ連携で一般的に使われるパターンです。

メリット

  • 受け渡すデータの形を制限することができる
  • 内部設計の影響の依存度の影響を抑えることができる
  • 不特定多数への公開が可能
  • 参照だけでなく、更新作業や削除も可能

デメリット

  • 受け渡す側での設計考慮が必要
  • 同期型になるため、運用面で制約を受けることあり
  • 開発時のコミニケーションや連携などをうまくしないと遅延が発生する

メッセージング

テーブルか他のキューシステムなどを作り、非同期にデータ連携をするパターンです。

メリット

  • 非同期処理に有効
  • 比較的依存度が小さくなることが多い

デメリット

  • 同期型の処理はできない
  • データ差分に注意

-プログラミング全般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フォームの処理について

本日はフォームの処理に関して。主に一覧検索画面のフォームについてです。 フレームワークでフォームの処理をする場合、変数の初期値やバリデーションなどをあらかじめ読み込むオブジェクトを設定しておき、変数が …

no image

サロゲートキーと主キーに関して

今までも何度か触れたサロゲートキーと主キーに関して。 今までの参考リンク 論理設計のグレーノウハウ サロゲートキー サロゲートキーに関して 主にシステム設計的な考察が多かったので、今回はユースケースか …

no image

リーダブルコードまとめ

リーダブルコードほぼ読み切ったのでまとめを。チェックリスト化して、常にこれを見ながらコードは書いたほうがよさげ 前半のまとめや参考リンクでみたものとマージします。 Contents1 変数の名称2 コ …

no image

テストコードを読みやすくする

リーダブルコードも最終章に近づいてきましたね。 今回はテストコードについて。 以前のプロジェクトではテストコードを書いていたのですが、今携わっているプロジェクトでは書いてないです・・・ テストを書く目 …

no image

データ構造の基礎知識 中編 ハッシュ

前回の続きです。 前回は配列、連結リストについて学習したので今回はハッシュについて学習します。 Contents1 ハッシュとは?1.1 メリット1.2 デメリット ハッシュとは? key-value …