skillup

技術ブログ

プログラミング全般

トランザクション、ロールバックに関する考察

投稿日:

今までトランザクションの単位は基本的に処理の開始から終了までを範囲にすることが多かったのですが(ループがある場合はループ全体ではなく、1ループをトランザクションとみなします)、複数の処理が絡む場合、不都合が起きることがあります。

個人的にトランザクションを分けるときなどでポイントとなる点を。

失敗した場合に本当に最初からロールバックすべきか?

要は失敗した場合に、「失敗した処理」として明記するような場合、その処理自体はコミットする必要があります。

ではなく、

のようにする必要があります。

要は処理1と処理2は連続しているけれどもコミットの単位としては分割したいときなどですね。

仕様やそもそもユーザーがどのように使うかという問題になってきます。

処理1は完結しているので、次は処理2からはじめたい時(始めるのが可能な時)は処理を分ける必要があります。

あるいは単純に1処理が長すぎる場合なども適切に分けたほうが良いでしょう。

成否が確認できない、または影響が少ない

例えば完了した後、メールやプッシュ通知などを送ったことの成否の確認をしてコミットするか否かですが、そもそもこれらのサービスの成否というのは完全にはわかりません。(送信成功と出たところでユーザーに完全にメールや通知が届くかは保証できない)

そのため、コミットの外におく必要がある場合もあるでしょう。

またはこけたとしてもロールバックまでには値しない処理(ログ的なデータの書き込みなど)はトランザクションの範囲外にしたり、処理結果によるロールバックを行わないということもあるでしょう。(前回のエラーのブログのExceptionを握りつぶす時に似てます。)

ロールバックできない処理の考慮があるか

またトランザクション内では処理順番なども大切です。

例えばAPIでの登録→DBの登録とすると、DBでこけた場合、APIの処理の取り消ししなければいけなくなります(API側に取り消しする機能がない場合、宙ぶらりんのデータができてしまいます。)。

そのため、このようなロールバックが難しい処理の場合は、DBの登録→API更新などとすると処理が確定させるかどうかをAPI更新の成否で判断することができるため、APIがこけたときにDB側のロールバックをすることができます。このため整合性のあるデータ登録をすることができます。

-プログラミング全般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

調査スキルについて

本日は実務でとても大切な不具合の発見方法について 通常のプログラマとして仕事をしておりますと、通常の実装よりは不具合時の調査のほうが難しいことが多々あります。 もちろんものによるんですが、経験のある人 …

no image

1度に1つのことを

今回のリーダブルコードの概念はやや抽象的。 要は一度に行うタスクは1つにする、というところがポイントになります。 そのための手法として下記のようなことを上げています。 コードが行っているタスクをすべて …

no image

トークン認証に関して

Contents1 トークンでの認証2 Laravelでのtoken トークンでの認証 APIアプリケーションを作る場合、認証方式としてはクッキーとセッションを利用したものよりもトークンを使った認証方 …

no image

アプリケーションアーキテクチャについて 〜ドメインモデルに関して〜

前回のトランザクションスクリプトパターンの反省から 今回はいわゆるドメインモデルの具体例に関して。 ドメイン駆動型設計には以下のような特徴があります。 大きく、アプリケーションの構成を以下のように分け …

no image

オブジェクト指向 アプリケーション層に関して

本日も引き続き「現場で役立つシステム設計の原則」を読み進めてます。 本日は主にアプリケーション層(以下AP層)。MVCモデルでいうところのコントローラーに近い?)の考え方について。 Contents1 …