skillup

技術ブログ

ドキュメント作成

Officeソフトで覚えておきたいポイント(Word,Excel)

投稿日:

えー実は今現在、仕事でコードを書くことはほとんどしておらず、ExcelやWordと日々格闘しております。Excelも表計算じゃなくて図を書くのに使ってます。

ExcelはまだしもWordってエンジニアになってからほとんど使ったことがなかったんで今更覚えてますねー(汗)

Wordなんて使い所ないだろ・・と思っていましたが、覚えるとそれなりに使えると思いますのでその意味も込めてExcelと合わせてメモを。

ショートカットキーの習熟

ExcelもWordも仕事を早くしたい場合、真っ先にやることはこれでしょうね。

一日に何百回も使うようなコマンドをマウスでやってたんじゃ話になりません。

今毎日使いまくってるExcel、Wordのショートカットキーについて書きます。といっても書いて覚えるわけではなく、九九と同じように体に染み込むまで覚えましょう。
Ctrl+Vとか超基本的なものは省きます。

Excel

主に図形を書いているので方眼紙にしてから使ってます。その時によく使うコマンドなど。

行の挿入・・Ctrl+Shift+(+)  複数行を選択した場合は当然複数行の挿入になります。

行の削除・・Ctrl+(-) 複数行を選択した場合は当然複数行の削除になります。

シート移動(左)・・Ctrl+pageup・・シートの左に移動

シート移動(右)・・Ctrl+pagedown・・シートの右に移動

Word

Ctrl+Space 書体のクリア

F4・・前回やったことのリピート(行の追加とかでよく使う)

Wordの段落

通常の改行でも、文章を作るときでもいいのですが、wordは改行した時点で一つかたまり(段落)とみなします。

なので同じ属性を継続して使いたい場合はShift+Enterを使う必要があります。

改行したらその時点で別の領域になる。

逆にいうと改行しないと(Shift+Enterだと書体などの属性も含めて)同一の処理が適用されると覚えて起きましょう。

オートナンバリング

Wordで長いドキュメントを使う時に使える機能として、

  • 見出し
  • 目次
  • 箇条書き
  • 1-1、1-2などのナンバリング

があるかと思います。

この場合、表に関して3.1.1-1などように番号を振ることが多いと思いますが、例えば表を20個作っており、5個目に表を追加する場合、6以降を手で1つ1つ変えていったらものすごく大変です。その場合、wordの図表番号やフィールドコードの更新という機能を使えば、通し番号で一括で変換してくれます。

また表のキャプションに関しては「スタイル」で「図表番号」を選択すると、センタリング+太字でいい感じのキャプションができます。

-ドキュメント作成
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

EntityとValue Objectについて

ドメイン駆動設計に関して勉強しています。参考にしている本がやたら難しいんで、トピックごとにネットで調べつつ進めていくのがよさげです。 今回はEntityとValueObjectについて Content …

no image

ドキュメント作成について

アプリやプロジェクトのドキュメント作りですが、時間が立ったり、複数人での開発を行うと 情報の漏れや抜けが非常に多くなる 本番との差分ができる 一部の人しか更新しなくなる 似たようなドキュメントがあちこ …

no image

ドメイン決定&業務フローとの対応確認

Contents1 ドメイン決定2 業務フローとの対応2.1 実際の業務とエンティティ、画面の遷移2.2 ドメインのCRUD分析 ドメイン決定 業務フローを抽出し、エンティティを抽出した段階で次にドメ …

no image

新アプリの本番環境デプロイについて

新しく作ったWEBアプリを本番配置しようとしたんですが、何度もやっているはずの処理がいざやろうとするといろいろと手間取ってしまい、1時間近くかかりました。 容量悪いなーと思いつつ、こういった行為はなる …

no image

業務管理アプリの商品コードに関して

一般的な業務管理アプリを作っていると商品や顧客などもオートインクリメントのidではなく、独自の仕様で決められた「商品コード」などを持っていることが一般的です。 昔通販がらみのシステムを使っている時も商 …