skillup

技術ブログ

プログラミング全般

ユーザーに見せるエラーメッセージに関する考察

投稿日:

プログラムで難しいことの3つは

  • テスト
  • ログ
  • エラーハンドリング

とかいてきましたが、ユーザー側に見せるエラーメッセージについて考察して見ました。

ログとエラーメッセージの違い

ログに出すようなメッセージを画面側に出してしまうことがあるのですが、ターゲットと用途が全く異なってきます。

ログ

ターゲット

システム開発者

目的・意図

システム内の異常を見ること

出すべき情報

Exceptionのエラーメッセージなどシステム内に関わるできるだけ詳細なメッセージや異常。

エラーメッセージ

ターゲット

一般ユーザ

目的・意図

不足している行動を知らせる(未入力の情報があるなど)、サポート側に問い合わせた時に鍵となる情報

出すべき情報

不足している行動や問い合わせた時に必要となるコード番号

ユーザに出す情報として必要な観点として、まずユーザー自身の行動を変えることができるかという点です。

画面内の未入力の情報などでしたら、意味がありますが、例えばDBの詳細なエラーを出したところでユーザーはシステム内の仕様を知らないし、変えることもできませんから意味がありません。

この場合、システム内のエラーになりますので、問い合わせてもらうしかないのですが、かといって「システムエラーが発生しています」だとサポートする側に回ると詳細な調査に時間がかかります。

この場合やはりエラーコードなどを仕込んで置いて「システムエラーです。エラーコードEX00012が発生しています。お問い合わせ先は・・・などとしておくのが一番無難でしょう。」

-プログラミング全般
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Oauthについて

今更ながら認証システムの基本などを復習中です。 今回はOauth(オーオース)について。 一般的なWebサービスを使っていると Instagramでのアカウントがある場合、それのアカウントを利用して、 …

no image

オブジェクト指向 ドメインモデル

本日も引き続き「現場で役立つシステム設計の原則」を読み進めてます。 本日は主にドメインモデルの考え方について。 Contents1 ドメインモデルの考え方1.1 要点1.2 感想 ドメインモデルの考え …

no image

調査スキルについて

本日は実務でとても大切な不具合の発見方法について 通常のプログラマとして仕事をしておりますと、通常の実装よりは不具合時の調査のほうが難しいことが多々あります。 もちろんものによるんですが、経験のある人 …

no image

オブジェクト指向設計 柔軟なインターフェイス

オブジェクト指向シリーズ。今回はインターフェイスについて。 インターフェイスといっても、implementsを使った実装だけではなく、要はあるクラスが外部の窓口となるときに使うメソッドってことだと思う …

no image

CIことはじめ

業務でJavaのテキスト変換ツールを作成。 プログラムよりもCIツールを使って他人の環境下で正常に稼動させるためにどうするかの調査に時間かかりましたね。 今回やりたかったことは下記の通りです。いわゆる …

アーカイブ