skillup

技術ブログ

プログラミング全般

ユーザーに見せるエラーメッセージに関する考察

投稿日:

プログラムで難しいことの3つは

  • テスト
  • ログ
  • エラーハンドリング

とかいてきましたが、ユーザー側に見せるエラーメッセージについて考察して見ました。

ログとエラーメッセージの違い

ログに出すようなメッセージを画面側に出してしまうことがあるのですが、ターゲットと用途が全く異なってきます。

ログ

ターゲット

システム開発者

目的・意図

システム内の異常を見ること

出すべき情報

Exceptionのエラーメッセージなどシステム内に関わるできるだけ詳細なメッセージや異常。

エラーメッセージ

ターゲット

一般ユーザ

目的・意図

不足している行動を知らせる(未入力の情報があるなど)、サポート側に問い合わせた時に鍵となる情報

出すべき情報

不足している行動や問い合わせた時に必要となるコード番号

ユーザに出す情報として必要な観点として、まずユーザー自身の行動を変えることができるかという点です。

画面内の未入力の情報などでしたら、意味がありますが、例えばDBの詳細なエラーを出したところでユーザーはシステム内の仕様を知らないし、変えることもできませんから意味がありません。

この場合、システム内のエラーになりますので、問い合わせてもらうしかないのですが、かといって「システムエラーが発生しています」だとサポートする側に回ると詳細な調査に時間がかかります。

この場合やはりエラーコードなどを仕込んで置いて「システムエラーです。エラーコードEX00012が発生しています。お問い合わせ先は・・・などとしておくのが一番無難でしょう。」

-プログラミング全般
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

例外処理に関して

いまいち使い方がいい加減だった例外処理について、復習がてらメモします。 昔のリンクを整理して出てきた例外リンクはこちら(Javaですが今のPHPにも当てはまるかと思います。) 例外処理について 例外処 …

no image

画面の制御フローなど

複雑な帳票系アプリではよくあると思うのですが、ある入力値が複数の場所から影響を受けており、制御がなかなか難しいときなどがあります。 例として クリアボタンなどでクリアされる 他のプルダウンなどで影響を …

no image

PCクラッシュ時に備えて

先日、ずっとメインで使っていた会社のノートPCがクラッシュし、再起不能になりました。ファイルなんかはクラウドで管理していたものが多かったので実害はあまりなかったんですが、当然ゼロではありませんでした。 …

no image

クラスメソッドとインスタンスメソッド

以前staticメソッドを定義したときに、記法がインスタンスメソッドの呼び方でも呼べてしまうことがあったので、これを機にインスタンス・クラス×変数・メソッドちょっと調べてみました。 言葉で書くよりコー …

no image

VSCodeのPluginなど

Vscodeで使っているPluginなど Contents1 基本2 UML3 git4 PHP コードフォーマット5 golang6 CSV整形 基本 Japanese Language Pack …

アーカイブ