skillup

技術ブログ

プログラミング全般

トークン認証に関して

投稿日:

トークンでの認証

APIアプリケーションを作る場合、認証方式としてはクッキーとセッションを利用したものよりもトークンを使った認証方法などを使うことがあります。

このような認証方法の場合、ログイン時にセッションとクッキーをやり取りするようなステートフル(以前の状態を保存している)な認証から、ステートフル(状態を持たない)なやり取りになります。

そのため、

  • スケールアウト(具体的にいうとサーバー構成を増やすなど)に比較的柔軟に対応できる
  • ユーザー情報など様々なものをトークンに含めるため、データサイズが大きくなりがち

参考リンク

セッションによる認証とトークンによる認証の比較

Cookie(Session)での認証とTokenでの認証の違いについて

Laravelでのtoken

Laravelにもトークンによるドライバが自前でセットされており、

  • usersテーブルにapi_tokenというカラムを追加。
  • ユーザーデータ保存時にstr_random(60)などでハッシュ値を登録
  • API認証がかかっているURLに対して、以下のように叩く

上記のようなプロセスでデータ取得ができます。

Laravelのトークン認証の参考リンク

Laravel Token API認証(Authentication)を理解する

LaravelWebアプリケーション開発」6-2.トークン認証

-プログラミング全般
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

テーブル設計に関するメリデメ

昨日も書いたん記事なんですが、基本的に実装にしても設計にしてもこれが最強っていう手法はなくて(あったとしたら全員がそれを使うのでそもそも選択肢という概念がなくなる・・)メリットデメリットをしっかりと考 …

no image

制御フローについて

リーダブルコード 7章。制御フロー(if文などの条件分岐)について ここらへんは個人個人癖がついているとおもいますが、確かに読みやすい、読みにくいというのはあるのでなるべく汎用性のある規則を身につけた …

no image

JWT(ジョット)の認証に関して

セッションやtokenを使った、認証について色々書いてきましたが、今回はJWTを使った認証について。 Contents1 以前の認証がらみの記事2 JWT(ジョット)とは?2.1 ヘッダー2.2 クレ …

no image

メモリに関して 静的領域、スタック、ヒープなど

実務でメモリの調査をしましたが、肝心のメモリについてほとんどわかっていないのでメモ。 メモリの領域を大きく分けると静的、スタック、ヒープに別れる。 Contents1 静的2 スタック3 ヒープ4 そ …

no image

ミスを少なくする工夫について

プログラマであればだれもが「いかにバグを少なくするか」に腐心すると思います。 ところが、人間がある以上、バグ(ミス)は絶対にゼロにはなりません。バグ云々以前に、「人間はもともとミスをする生き物だ」とい …

アーカイブ