skillup

技術ブログ

プログラミング全般

Oauthについて

投稿日:

今更ながら認証システムの基本などを復習中です。

今回はOauth(オーオース)について。

一般的なWebサービスを使っていると

Instagramでのアカウントがある場合、それのアカウントを利用して、Facebookにも投稿ができる、というようなことがあります。

そのサービスのアカウント自体は作らずにサービスの内容自体は使えるというわけです。

このような連携ができるのは

  1. あるユーザーにサービスを使っていいという許可だけをするための仕組みがあり、
  2. その許可されたユーザーがサービス自体を使うことができる

のようなプロセスになっており、許可とサービスの提供(写真を投稿する、コメントを投稿する)が別れているためです。

一般的には1のような許可を与える仕組みは「認可サーバー」と呼ばれており、ここでIDやパスワードなどの情報を照合してアクセストークンと言われる、一時的に使われる文字列を発行します。

2のサービスを提供する側ではそのアクセストークンを元に認証を行い、アクセストークンが正しいものであった時に、サービスの提供を許可します。

このような全体的な仕組みの仕様をOauth(オーオース)といいます。

参考URL

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典 Oauth認証

いろんな技術でお世話になってますが、めっちゃわかりやすい・・・こう言う説明ができる人は少ないので貴重だと思います。

リスペクトの意味も込めてアクセストークンの説明もリンクを貼らせていただきます。

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典 セキュリティトークン

一番分かりやすい OAuth の説明

丁寧な図解やステップ説明が素晴らしい!。なぜ必要か・・・の経緯も含めて書かれており大変わかりやすいです。

-プログラミング全般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

オブジェクト指向について その1

ちょっと最近、仕事でソースの書き方がいい加減になってきたのでオブジェクト指向について考え方を再確認しようと思います。 参考文献 SoftWareDesign 2015年9月号 何も考えずにプログラムを …

no image

トランザクショントークンについて

フォーム画面で入力を行うときにはPOSTでデータを受け取ってエラーチェックしたり、データベースに入力をしたりします。 ただその時に何も考えずに安易に送信→受信の際に以下のようなトラブルがあり得ます。 …

no image

画面の制御フローなど

複雑な帳票系アプリではよくあると思うのですが、ある入力値が複数の場所から影響を受けており、制御がなかなか難しいときなどがあります。 例として クリアボタンなどでクリアされる 他のプルダウンなどで影響を …

no image

小〜中規模程度のWEBアプリ作成で気をつけるべきこと

初見の処理系(ライブラリ操作)などは休日などで最小パターンを確認しておくこと。実務で何時間も悩むと非常にストレスがたまる テーブル設計命。あとで終えるようにトレースができるような値を入れておくこと。 …

no image

テストコードを読みやすくする

リーダブルコードも最終章に近づいてきましたね。 今回はテストコードについて。 以前のプロジェクトではテストコードを書いていたのですが、今携わっているプロジェクトでは書いてないです・・・ テストを書く目 …

アーカイブ