skillup

技術ブログ

プログラミング全般

ログのまとめに関して

投稿日:

何回か書いたログの設計方針に関して再度復習。

ログ設計指針について

ログで大事なことを再度復習

  • DEBUG(SQLやパラメータ情報など詳細な情報までだす)、INFO(メソッドの詳細情報)、WARNING(処理は止めないが、警告として知らせたい情報。処理が完全ではないなど)、ERROR(異常終了する際の告知。メールや別のチャネルなどで知らせる必要があるかも)
  • SQLやパラメータは重要度によってINFOに格上げしてもいいかも(InパラメータのJSONのパラメータなどを入れておくとデバッグが楽)
  • クラス名、メソッド、行数、時間入れておくと楽。時間はマスト
  • 面倒でなければメソッドのInパラメータは吐いた方が良い(追跡が楽)
  • ログにだす情報は改行しないほうがいいかも・・。(特にSQL)不必要に改行を入れると非常にみにくい
  • ログには記号+番号などを入れておくと検索が楽。
  • HTMLデータやパラメータが多すぎるものときなどは文字制限を入れないとログデータ自体が多すぎることがあるので必要に応じて少なくした方が良いかも・・
  • 共通度が高いメソッドなどはログが大量に出て他の部分を邪魔することもあるので出し分け要注意。
  • 複数のバッチが入るときはチャネルを分けると処理が混ざらないので見やすいかも。

-プログラミング全般
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

オブジェクト指向設計 柔軟なインターフェイス

オブジェクト指向シリーズ。今回はインターフェイスについて。 インターフェイスといっても、implementsを使った実装だけではなく、要はあるクラスが外部の窓口となるときに使うメソッドってことだと思う …

no image

アプリケーションアーキテクチャについて 〜ドメインモデルに関して〜

前回のトランザクションスクリプトパターンの反省から 今回はいわゆるドメインモデルの具体例に関して。 ドメイン駆動型設計には以下のような特徴があります。 大きく、アプリケーションの構成を以下のように分け …

no image

JWT(ジョット)の認証に関して

セッションやtokenを使った、認証について色々書いてきましたが、今回はJWTを使った認証について。 Contents1 以前の認証がらみの記事2 JWT(ジョット)とは?2.1 ヘッダー2.2 クレ …

no image

バッチスクリプトで気をつけたい点

実務でバッチ処理を作る際に気をつけるべきと思ったこと。 基本的にエラーをいかに捉えていかにログに吐くかを最初に考える。まずはエラーありき。失敗するもの、想定した値がこない、あるいは値がないを前提として …

no image

ダミーデータの作り方 まとめ

現在作っているアプリを顧客先で見せる機会があり、そのためダミーデータを入れる、という仕事がありました。 といっても画面からポチポチやったんでは時間もかかりますし、何より精神的にやられてしまいます。(汗 …