skillup

技術ブログ

プログラミング全般

ログのまとめに関して

投稿日:2021年3月20日 更新日:

何回か書いたログの設計方針に関して再度復習。

ログ設計指針について

ログで大事なことを再度復習

  • DEBUG(SQLやパラメータ情報など詳細な情報までだす)、INFO(メソッドの詳細情報、開始と終了)、WARNING(処理は止めないが、警告として知らせたい情報。処理が完全ではないなど)、ERROR(異常終了する際の告知。メールや別のチャネルなどで知らせる必要があるかも)、FATAL(例外エラーなど。ERRORはif文などでキャッチできるエラー。FATALはExceptionなど)
  • SQLやパラメータは重要度によってINFOに格上げしてもいいかも(InパラメータのJSONのパラメータなどを入れておくとデバッグが楽)
  • クラス名、メソッド、行数、時間入れておくと楽。時間はマスト
  • 面倒でなければメソッドのInパラメータは吐いた方が良い(追跡が楽)
  • ログにだす情報は改行しないほうがいいかも・・。(特にSQL)不必要に改行を入れると非常にみにくい
  • 多くなりすぎなければ正常系の処理が終わった後につけるのも良い。
  • ログには記号+番号などを入れておくと検索が楽。ログが出た場所をすぐに特定できるために。
  • HTMLデータやパラメータが多すぎるものときなどは文字制限を入れないとログデータ自体が多すぎることがあるので必要に応じて少なくした方が良いかも・・
  • ログに出す詳細情報はInパラメーター、キー系のID情報、エラーメッセージ。
  • エラーメッセージはstackTraceなどがはっきりと出ることを確認しておくこと
  • 共通度が高いメソッドなどはログが大量に出て他の部分を邪魔することもあるので出し分け要注意。
  • 複数のバッチが入るときはチャネルを分けると処理が混ざらないので見やすいかも。
  • 集計することがあるのでキー系の情報がはっきりと拾えるようにしておくこと

-プログラミング全般
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

短いコードを書く

私が普段コードを書くときに考えていることは常にいかに短くかけるか、ということといかにバグを生み出さないかということです。 基本的にはできるだけ、短くシンプルに書くようにしています。 そうすることであと …

no image

例外・エラーに関する考察

えー今現在、設計の仕事をしていますが、今までいい加減だったエラーの処理を見直すいいきっかけになってます。 半年前にも同じような記事書いてますねー。苦手意識は変わらないようです・・(汗) 例外処理に関し …

no image

PCクラッシュ時に備えて

先日、ずっとメインで使っていた会社のノートPCがクラッシュし、再起不能になりました。ファイルなんかはクラウドで管理していたものが多かったので実害はあまりなかったんですが、当然ゼロではありませんでした。 …

no image

メモリに関して 静的領域、スタック、ヒープなど

実務でメモリの調査をしましたが、肝心のメモリについてほとんどわかっていないのでメモ。 メモリの領域を大きく分けると静的、スタック、ヒープに別れる。 Contents1 静的2 スタック3 ヒープ4 そ …

no image

便利すぎる道具の弊害

現在、Javaのプロジェクトでは会社でNetbeansを使っていますが、IDEを使っているばっかりに理解できていないところがありました。便利すぎる道具の弊害ですね・・・ IDEについて一応説明をしてお …

アーカイブ