skillup

技術ブログ

ドキュメント作成 プログラミング全般 未分類

テスト分類について

投稿日:

一般的なテスト工程での分類や個人的に大事だと思うこと

全プロセス共通

テストデータ作成バッチ

状態の復元を容易にするために必要なテストデータを簡単に作れる機能があると便利

ローカル、開発、ステージング、本番の分岐

主に外部とのインターフェース(外部APIなど)の切り替えをつど書き換えるのではなく、コーディング時に.envで切り分けておく、インターフェイスだけ定義しておき、内部のクラスの注入をswitchさせる(ローカル:JSONデータ、開発:特定のレスポンスを返すスタブサーバー、検証以上:外部APIや外部サービスなど)

PT(プログラムテスト)、単体テスト

メソッド単位、クラス単位のテスト。

PHPUnitでのIn、Outのチェックや単一の画面でのテストを含むことあり。

できれば自動化しておくことが望ましい。

エビデンスに関してはスクショやログの証左など残しておくとよい。

結合テスト

ある程度のフロー(画面遷移を伴う状況下)単位での確認。

画面の挙動に関してのチェック。APIサービスなど外部と接続した時点での挙動を確認するなど。

エビデンスに関してはフローごとの画面単位のスクショなど。

外部APIが完成していない場合は直のJSONデータ(ローカル)やスタブサーバー(外部APIが完成してない段階での開発環境、検証環境ではこれが必要)を作成する。

仕様の理解などができていないと基本的なフローがわからないので仕様理解者に問い合わせる、自分がユーザーになって常識的に考えてみるなど。

前提条件など書いておくとあとで見返した時に非常にわかりやすい。

セキュリティテスト

悪意ある入力や脆弱性などに対しての漏れがないか。セキュリティの知識がある人間がテストする必要がある。

負荷テスト、性能テスト

ある程度、大量のデータ。現実データに近い量でデータを入れた時の画面レスポンスなど。

結果としては主に機能単位の時間など。

参考URL

テストの種類と技法

-ドキュメント作成, プログラミング全般, 未分類
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

シェル基礎2

シェルコマンド使い始めて数年たちますが、いまだに知らないことはおおいですし、早く知っとけばよかった的なこともたくさんあります。 そんな小ネタ集を alias よく使うコマンドを別名で登録することができ …

no image

命名規則について その2

リーダブルコードネタ第3段。 前回のエントリーに引き続き、名称の大切さについて Contents1 あいまいな名前はNG!1.1 限界値はmaxかminを使う1.2 範囲を指定するときはfirstとl …

no image

ダミーデータの作り方 まとめ

現在作っているアプリを顧客先で見せる機会があり、そのためダミーデータを入れる、という仕事がありました。 といっても画面からポチポチやったんでは時間もかかりますし、何より精神的にやられてしまいます。(汗 …

no image

サロゲートキーと主キーに関して

今までも何度か触れたサロゲートキーと主キーに関して。 今までの参考リンク 論理設計のグレーノウハウ サロゲートキー サロゲートキーに関して 主にシステム設計的な考察が多かったので、今回はユースケースか …

no image

オブジェクト指向について その1

ちょっと最近、仕事でソースの書き方がいい加減になってきたのでオブジェクト指向について考え方を再確認しようと思います。 参考文献 SoftWareDesign 2015年9月号 何も考えずにプログラムを …