skillup

技術ブログ

ドキュメント作成 プログラミング全般

業務フローの分解について

投稿日:

上流工程を担当するようになり、プロジェクトマネジメントや、要件定義、業務フロー分解などについて勉強しておいたほうがいいなーと思い、最近では読書をしております。

本日読んでわかりやすかった本は「はじめよう!プロセス設計」。

読みやすい本で多分2時間ぐらいで読めるかと。

個人的に学べた部分を以下に解釈して、要約しておこうと思います。

  • プロセスの分解
  • 日常に行なっているプロセスの分解を行う
  • 日常的に行なっていることは暗黙知になりがちなので注意
  • プロセスの定義は「何らかのインプットをもとに特定のアウトプットを生み出す活動」、これが詳細に記述できるレベルまで分解する
  • インプット=全行程の情報やもの、アウトプット=後工程に渡るもの
  • 誰が誰から何(インプット)を受け取り、どうやって、アウトプットを生み出すか
  • プロセスの引き金となる条件(他のタスクの何らかの状態がトリガー)の記述
  • もしも〜の条件を明確にする(設計段階においての例外事項となる)
  • p87〜93の図は例が簡単でわかりやすい
  • 新しいプロセスに対して、ゴールを設定し、そこから逆算していく
  • ゴールから逆算して、達成に必要なルートを作っていく(ブレイクダウンしてタスクを作っていく)
  • カスタマーエクスペリエンス=顧客のサービスデザインを描く

以前、倉庫管理のシステムを使った時に、この手法があればなーと思いました。

引当って概念が難しくてなかなか理解するのが大変でした・・・

いきなり、うまくはできないと思いますが、大まかに以下のプロセスの1〜3を回していけばより精度の高いものができたんではないかなーと思いました。

  1. 関係者の洗い出しとタスクの分解
  2. インプットとアウトプットがどのように流れていくか
  3. シーケンス図などで基本〜詳細設計レベルへの落とし込み

-ドキュメント作成, プログラミング全般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

読みやすいコードについて

コードリーディングにおいて聖典となっているリーダブルコードについて読んでいこうかと。 ただ読んでいくだけではつまらないので、自分なりの考え方も書いていきます。 Contents1 優れたコードの定義1 …

no image

基本設計書(シーケンス図)

基本設計書で気をつけるポイントなど。 要件が決まっており、処理の遷移や流れなどを知る時に、便利なのがシーケンス図だと思います。 アジャイルでもざっくり処理の流れを書いておけば、認識合わせに大分役立つは …

no image

業務管理アプリの商品コードに関して

一般的な業務管理アプリを作っていると商品や顧客などもオートインクリメントのidではなく、独自の仕様で決められた「商品コード」などを持っていることが一般的です。 昔通販がらみのシステムを使っている時も商 …

no image

障害報告などでの伝える情報の視点

障害の重要度(後続タスクにブロックがあるかいなか)、調査原因(仕様不理解、設計考慮もれ、ケアレスミス)、影響度(画面単位などで) 障害が起こっているデータ(あるいはスクショなどで伝えられるか) 再現プ …

no image

APIに関して

RESTAPIのルーティングで気をつけることなんぞを。 直近のプロジェクトではRESTAPIを作ることが多かったんですが気をつけることなんぞを。 Contents1 仕様書はソースから2 ツール3 命 …