skillup

技術ブログ

ドキュメント作成 プログラミング全般

業務フローの分解について

投稿日:

上流工程を担当するようになり、プロジェクトマネジメントや、要件定義、業務フロー分解などについて勉強しておいたほうがいいなーと思い、最近では読書をしております。

本日読んでわかりやすかった本は「はじめよう!プロセス設計」。

読みやすい本で多分2時間ぐらいで読めるかと。

個人的に学べた部分を以下に解釈して、要約しておこうと思います。

  • プロセスの分解
  • 日常に行なっているプロセスの分解を行う
  • 日常的に行なっていることは暗黙知になりがちなので注意
  • プロセスの定義は「何らかのインプットをもとに特定のアウトプットを生み出す活動」、これが詳細に記述できるレベルまで分解する
  • インプット=全行程の情報やもの、アウトプット=後工程に渡るもの
  • 誰が誰から何(インプット)を受け取り、どうやって、アウトプットを生み出すか
  • プロセスの引き金となる条件(他のタスクの何らかの状態がトリガー)の記述
  • もしも〜の条件を明確にする(設計段階においての例外事項となる)
  • p87〜93の図は例が簡単でわかりやすい
  • 新しいプロセスに対して、ゴールを設定し、そこから逆算していく
  • ゴールから逆算して、達成に必要なルートを作っていく(ブレイクダウンしてタスクを作っていく)
  • カスタマーエクスペリエンス=顧客のサービスデザインを描く

以前、倉庫管理のシステムを使った時に、この手法があればなーと思いました。

引当って概念が難しくてなかなか理解するのが大変でした・・・

いきなり、うまくはできないと思いますが、大まかに以下のプロセスの1〜3を回していけばより精度の高いものができたんではないかなーと思いました。

  1. 関係者の洗い出しとタスクの分解
  2. インプットとアウトプットがどのように流れていくか
  3. シーケンス図などで基本〜詳細設計レベルへの落とし込み

-ドキュメント作成, プログラミング全般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ログインしたままにするの挙動に関して(ステートフル認証の基本的な仕組みの復習もかねて)

基礎の基礎ですが、ログイン処理に関しての動きに関して。 Contents1 通常のログイン処理に関して2 ログインしたままにする 通常のログイン処理に関して 通常のログイン処理では、まず以下のような手 …

no image

便利すぎる道具の弊害

現在、Javaのプロジェクトでは会社でNetbeansを使っていますが、IDEを使っているばっかりに理解できていないところがありました。便利すぎる道具の弊害ですね・・・ IDEについて一応説明をしてお …

no image

シェルの基礎+ユーザー切り替え関連

雑誌を見ていたらシェルの特集があったので、ちょっとメモリます。 補強したいところのみ要点をチェック。 Contents0.1 実行パスについて0.2 ビルドインコマンド0.3 シェル変数・環境変数0. …

no image

ミスを少なくする工夫について

プログラマであればだれもが「いかにバグを少なくするか」に腐心すると思います。 ところが、人間がある以上、バグ(ミス)は絶対にゼロにはなりません。バグ云々以前に、「人間はもともとミスをする生き物だ」とい …

no image

CIことはじめ

業務でJavaのテキスト変換ツールを作成。 プログラムよりもCIツールを使って他人の環境下で正常に稼動させるためにどうするかの調査に時間かかりましたね。 今回やりたかったことは下記の通りです。いわゆる …