skillup

技術ブログ

ドキュメント作成 プロジェクト管理

業務フローの分解について

投稿日:2021年4月29日 更新日:

上流工程を担当するようになり、プロジェクトマネジメントや、要件定義、業務フロー分解などについて勉強しておいたほうがいいなーと思い、最近では読書をしております。

本日読んでわかりやすかった本は「はじめよう!プロセス設計」。

読みやすい本で多分2時間ぐらいで読めるかと。

個人的に学べた部分を以下に解釈して、要約しておこうと思います。

  • プロセスの分解
  • 日常に行なっているプロセスの分解を行う
  • 日常的に行なっていることは暗黙知になりがちなので注意
  • プロセスの定義は「何らかのインプットをもとに特定のアウトプットを生み出す活動」、これが詳細に記述できるレベルまで分解する
  • インプット=全行程の情報やもの、アウトプット=後工程に渡るもの
  • 誰が誰から何(インプット)を受け取り、どうやって、アウトプットを生み出すか
  • プロセスの引き金となる条件(他のタスクの何らかの状態がトリガー)の記述
  • もしも〜の条件を明確にする(設計段階においての例外事項となる)
  • p87〜93の図は例が簡単でわかりやすい
  • 新しいプロセスに対して、ゴールを設定し、そこから逆算していく
  • ゴールから逆算して、達成に必要なルートを作っていく(ブレイクダウンしてタスクを作っていく)
  • カスタマーエクスペリエンス=顧客のサービスデザインを描く

以前、倉庫管理のシステムを使った時に、この手法があればなーと思いました。

引当って概念が難しくてなかなか理解するのが大変でした・・・

いきなり、うまくはできないと思いますが、大まかに以下のプロセスの1〜3を回していけばより精度の高いものができたんではないかなーと思いました。

  1. 関係者の洗い出しとタスクの分解
  2. インプットとアウトプットがどのように流れていくか
  3. シーケンス図などで基本〜詳細設計レベルへの落とし込み

-ドキュメント作成, プロジェクト管理
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

開発時最低限必要かつ有用なドキュメントに関して

ウォーターフォール型の開発をかれこれ1年近くやっております。 自分がやってきた仕事とすると別職種に近いようなイメージでしたが、得ることも多かったため、ここに記しておこうと思います。 以前書いたことの記 …

no image

ドメイン決定&業務フローとの対応確認

Contents1 ドメイン決定2 業務フローとの対応2.1 実際の業務とエンティティ、画面の遷移2.2 ドメインのCRUD分析 ドメイン決定 業務フローを抽出し、エンティティを抽出した段階で次にドメ …

no image

バッチスクリプトで気をつけたい点

実務でバッチ処理を作る際に気をつけるべきと思ったこと。 基本的にエラーをいかに捉えていかにログに吐くかを最初に考える。まずはエラーありき。失敗するもの、想定した値がこない、あるいは値がないを前提として …

no image

CI/CDに関する取り組み

CI/CDに関して知識としては5年以上昔から持ってましたが、実際にプロジェクトの中に取り組むことができるようになったのはつい最近なので、 取り込みが現実的なものに関してどのように取り組んでいくかといっ …

no image

テスト対策(単体テスト、結合テスト、総合テスト)

単体テスト、結合テストで発生した障害の分析(どんな障害が起こって、原因はなんで、再発防止に関してどうすべきか)なんかをやってます。 個人的に各フェーズで留意する点などを。 Contents1 共通2 …

アーカイブ