skillup

技術ブログ

ドキュメント作成 プログラミング全般

APIのエラーコードに関して

投稿日:

APIのよく使われるHTTPステータスコードに関して。

基礎の基礎で当たり前に使ってましたが、基本的なことに関してまとめ。

主に4XXエラーのタイプ分けに関して。

200

一般的なリクエスト成功

400

リクエスト不正。バリデーションなどリクエストパラメータ不正の場合などが一般的。

401

認証エラー。主にBasic認証などAPIに到達までにNGになるパターン。

403

リクエストによる操作権限がない(許可されていない)ときにつかわれる。
認可と認証の違いに注意!

404

NotFound。リソースがない。

500

システムエラーが発生している場合。(例外エラー系)

 

参考
https://qiita.com/NagaokaKenichi/items/eb85b5fbb719d60c6627

代表的なHTTPステータスコードと問題解決へのヒント

-ドキュメント作成, プログラミング全般
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

API仕様書に関する注意事項

API仕様書を作っていて、基本的な点についてのまとめ コードと連動できれば理想(現実的には設定ファイルをJSONかYamlで作るぐらいが限界だと思う) 型のチェック、必須チェック、桁数チェック、日付の …

no image

画面の制御フローなど

複雑な帳票系アプリではよくあると思うのですが、ある入力値が複数の場所から影響を受けており、制御がなかなか難しいときなどがあります。 例として クリアボタンなどでクリアされる 他のプルダウンなどで影響を …

no image

基本設計書(シーケンス図)

基本設計書で気をつけるポイントなど。 要件が決まっており、処理の遷移や流れなどを知る時に、便利なのがシーケンス図だと思います。 アジャイルでもざっくり処理の流れを書いておけば、認識合わせに大分役立つは …

no image

ドメイン決定&業務フローとの対応確認

Contents1 ドメイン決定2 業務フローとの対応2.1 実際の業務とエンティティ、画面の遷移2.2 ドメインのCRUD分析 ドメイン決定 業務フローを抽出し、エンティティを抽出した段階で次にドメ …

no image

SytleCopについて

前回、StyleCopについて紹介しましたが、C#の静的解析ツールであるStyleCopのインストールや基本的な使用法に関して。 NugetのインストールでStyleCop,StyleAnalyzer …

アーカイブ