skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

Azure環境へのデプロイ

投稿日:

今までクラウドのインフラ環境というとほとんどがAWSだったのですが、C#+SQLServerの案件に携わっていることもあり、Azureを使うことに・・

自学で簡単なアプリを作ってデプロイしたんですが、heroku以上に簡単でした。

Azure

https://portal.azure.com/

Azureのアカウントを作った後、管理画面→「デプロイセンター」に行きますが、

C#の場合、

  1. 「発行プロファイルのの管理」から設定ファイルのダウンロード(xmlファイル)
  2. 取得したxmlファイルを環境内にいれて、VisualStudioから「発行」し、デプロイ

のプロセスでできました。(諸事情によりGitが使えなかったので・・)

通常はGit連携することが一般的だと思います。

その場合、一度リポジトリ、ブランチと紐づければ「同期」でGitのソースをデプロイすることができます。簡単すぎる・・・

-サーバー・ネットワーク

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Amazon SESについて(Route53登録→SESで受信→S3で保存)

本日はAWSのSESのメモ。 2019年はJavaScriptとAWSを勉強する、と心に決め、JavaScriptの方は色々勉強しましたが、AWSの方が手付かずでした。 インフラ系はここ2年ぐらい進歩 …

no image

chefのインストール

以前からずっと課題になっていたchefのインストールについてです。 まだ全然わかっていませんが、なんとかvagrantからのインストールをすることができましたのでメモします。 chefでの環境構築とい …

no image

ECCUBE2,3でのnginx利用

ECCUBE2,3をインストールする機会があったのでメモ。 例によってnginxの設定がめんどいですね。・・ ファイルパス ECCUBE2,ECCUBE3ともに下記パス,URLと仮定します。 [cra …

no image

nginxインストール(サブディレクトリでcakePHPを使いたいとき)

以前nginxのインストールを行いましたが、理解が浅かったようで今回すげーはまりました(汗) ガチンコ塾でもいっていますが、覚え始めの時はコピペでもいいですが(最初から100%の理解は非現実的)、慣れ …

no image

データのシリアライズ

おととしにJavaをやったときにでてきましたがSessionに情報を格納するときにでてきたシリアライズについて。 セッションはステートフルな状態を実現するための便利なデータの保存方法ですが、値をオブジ …