skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

Azure環境へのデプロイ

投稿日:

今までクラウドのインフラ環境というとほとんどがAWSだったのですが、C#+SQLServerの案件に携わっていることもあり、Azureを使うことに・・

自学で簡単なアプリを作ってデプロイしたんですが、heroku以上に簡単でした。

Azure

https://portal.azure.com/

Azureのアカウントを作った後、管理画面→「デプロイセンター」に行きますが、

C#の場合、

  1. 「発行プロファイルのの管理」から設定ファイルのダウンロード(xmlファイル)
  2. 取得したxmlファイルを環境内にいれて、VisualStudioから「発行」し、デプロイ

のプロセスでできました。(諸事情によりGitが使えなかったので・・)

通常はGit連携することが一般的だと思います。

その場合、一度リポジトリ、ブランチと紐づければ「同期」でGitのソースをデプロイすることができます。簡単すぎる・・・

-サーバー・ネットワーク

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

inotifyによる検知

以前、pynotifyというpythonの検知プログラムを書きましたが、元々はinotifyというLinux上のパッケージのライブラリが元になっています。 以前調べたリンク 監視検知処理に関して 実務 …

no image

ECSについて

AWSでwebアプリを立ち上げる場合、基本的にはEC2+RDS(小規模な場合は使わないケースもあるかも・・)+アルファの構成が多いと思うのですが、Dockerでコンテナイメージをもっていれば、コンテナ …

no image

Perlワンライナー他

Perlではcgiと連動してWEBアプリケーションを作るケースが多いですが、元々テキストの編集や置換が非常に便利です。 例えば、あるディレクトリにある特定のファイル名(正規表現使用可)だけを抽出する場 …

no image

Let’s Encryptによるhttps化

以前下記の記事で、herokuでLet’s Encryptを使おうとしたのですが、結局使うことがありませんでした。 herokuでのLet’s Encrypt設定 どこかで使おうか・・と考 …

no image

ansible template,tag,yeditなど

Contents1 template2 tags3 yedit template 今まで設定ファイルを使うときは基本ini_fileを使って置換したり、ローカルでファイルを作ってcopyしておりました …

アーカイブ