skillup

技術ブログ

ドキュメント作成

プログラムからとExcelからのテストデータ作成

投稿日:2021年10月13日 更新日:

テストデータの作成ですが、プログラムから作成するケースとExcelからシコシコ作ってSQLをがんと入れる場合があります。Excelつってもマクロを使ったりするんでプログラムですし、実際にはPHPとExcelを混合するケースなどあるかと思いますが、あくまでどちらが主体になるかといった比重です。

それぞれのメリット、デメリットなどを。

プログラムから作る

メリット

  • データが増えても作業量が増えないため、大量のデータを短時間で作れる
  • 応用が効きやすく、ランダムデータを作ることも比較的容易い
  • fakerなどテストデータ作成のプログラムもある
  • データ更新プログラムを流用できれば仕様的に正しいデータが作れる(リレーションのキーの状態がちゃんと担保されているなど)

デメリット

  • その言語に習熟している必要がある(新しい言語の場合、そもそも難しい)
  • ナチュラルに近いデータを作るためには元のプログラムがそもそもある程度考えて作られていないといけない
  • データが一覧で見れないため、時間が経つとどんなデータがあったかを忘れてしまいがち

ExcelからマクロでSQL作成

メリット

  • ドラッグで連続したデータを大量に作ることが簡単にできる
  • データが一覧化されており、情報がわかりやすい
  • 言語が分からなくても作ることができる(DBのSQLの方言などは最低限わかる必要がある)

デメリット

  • 大量のデータを作る場合、比例して時間もかかる
  • 不整合の起こるデータが作られやすい
  • 複数のテーブルの場合、整合をとるのがやや面倒(Excelの機能を使えばいける・・・?)
  • 超大量のデータの場合ファイルが重くなる
  • 表形式に向かないデータも中にはある

実際にはプログラムとExcelを統合しながら作っていくのが楽でしょう。どちらかに偏ることなく作るのが理想だと思います。

-ドキュメント作成
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

テーブル設計に関するメリデメ

昨日も書いたん記事なんですが、基本的に実装にしても設計にしてもこれが最強っていう手法はなくて(あったとしたら全員がそれを使うのでそもそも選択肢という概念がなくなる・・)メリットデメリットをしっかりと考 …

no image

新しいプロジェクトに入った時にやること

新しいプロジェクトに入った時に最初にすべきことややっておくことなど Contents1 仕様理解編1.1 ユーザーの行動遷移の理解1.2 キー系のデータの理解1.3 データグルーピング1.4 サンプル …

no image

ドメイン決定&業務フローとの対応確認

Contents1 ドメイン決定2 業務フローとの対応2.1 実際の業務とエンティティ、画面の遷移2.2 ドメインのCRUD分析 ドメイン決定 業務フローを抽出し、エンティティを抽出した段階で次にドメ …

no image

アジャイル開発について

エンジニアとして仕事をしてから7〜8年立ちましたが、その間9割近くはいわゆるアジャイル開発でやってきたと思っていました。今は比較的大規模な開発をしておりますので、ウォータフォールですが・・・ が、先日 …

no image

プロジェクトごとのフェーズでやっておいたほうが良いと思うこと

またプロジェクトの途中ではありますが、自分の中で要件定義〜外部結合の始まりまでのフェーズを経験して思ったことなど Contents1 全般2 要件定義3 基本設計4 詳細設計5 製造6 単体テスト〜内 …