skillup

技術ブログ

ドキュメント作成 プログラミング全般

API仕様書に関する注意事項

投稿日:2021年10月13日 更新日:

API仕様書を作っていて、基本的な点についてのまとめ

  • コードと連動できれば理想(現実的には設定ファイルをJSONかYamlで作るぐらいが限界だと思う)
  • 型のチェック、必須チェック、桁数チェック、日付の場合のフォーマット指定→バリデーション設定ファイルと連動できれば理想
  • 桁数は更新系の場合、DBの桁数とあっているかの確認。
  • リスト系の値などはマクロで自動出力できるのが理想。
  • コード値で出すのか表示文字まで出すのか
  • 数値でいくのか、文字でいくのか(見た目数値なのに型が文字などのようなものは混乱につながるので数値で統一したほうが良いと思う。)
  • リクエストのサンプルをExcelから自動で出せるようにしておく、あるいはコードから出せる形にしておく
  • レスポンスはできればExcelから自動で出せるようにしておく、あるいはコードから出る形にしておく
  • 意味のあるダミーのリクエスト、レスポンスが生成できると関係者が幸せになる
  • HTTPコードとエラーメッセージ(これもExcelから自動で出れば一番)
  • マクロやPythonを利用して、入力する部分をなるべく減らす
  • 改訂履歴は必ず残す(verを指定できるのが一番良い)

-ドキュメント作成, プログラミング全般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

30分で完成! テーブル定義書&ER図 自動作成

現在携わっているプロジェクトでテーブル定義書やER図を作成することに。 えーこういった資料の特徴として、 年月を経るごとに本番との差分ができてしまい、結局だれも見ない・・・なんてことになりがちですよね …

no image

EntityとValue Objectについて

ドメイン駆動設計に関して勉強しています。参考にしている本がやたら難しいんで、トピックごとにネットで調べつつ進めていくのがよさげです。 今回はEntityとValueObjectについて Content …

no image

webの仕組み その2 リクエストとレスポンス

クライアント(ブラウザ)はサーバーとの接続を確立した後、各種リクエストを送信します。サーバーはそれにこたえテキストや画像などのリソースをクライアントに転送します(これがレスポンスです。) Firefo …

no image

オブジェクト指向設計 単一責任のクラスの設計

オブジェクト指向をするうえでの大事なポイントなど Contents1 単一責任のクラス設計1.1 メモ1.2 実際のコーディング上のコツ1.3 感想1.4 参考文献 単一責任のクラス設計 メモ 単一責 …

no image

オブジェクト指向設計 柔軟なインターフェイス

オブジェクト指向シリーズ。今回はインターフェイスについて。 インターフェイスといっても、implementsを使った実装だけではなく、要はあるクラスが外部の窓口となるときに使うメソッドってことだと思う …