skillup

技術ブログ

ドキュメント作成 プロジェクト管理

外結〜運用フェーズでの気をつけることなど

投稿日:2022年1月15日 更新日:

外結以降のフェーズで注意することなど。(主に障害発生時の原因切り分け)

エラーの情報伝達に関して

  • 発生時間
  • 再現動作
  • リクエストパラメータ(入力情報)
  • 特定度の高いデータ、特異度の高い情報

データ齟齬によるエラーやコミュニケーションが多いため、外結開始時点でデータ作りを一緒に行っておくのが良いと思います。

連絡してくる方はシステムの知識のあるテスターの方のこともあれば、システムの専門知識がない方もいますが、上記の情報に関しては伝えてもらうことができると思うので、伝達時のマニュアルに入れておきましょう。

ログの見方

システムによってはログの量が非常に膨大になるため、開始時間のヒアリングやログのNoなどを明確にしておくことにより、発見を容易にすることが大切。

サーバーに直で入れない、入れてもログ自体を検索することが容易ではない(通常のサーバーのように扱えない)ことも考慮し、ログ検知ツール(AWSでいうCloudWatch, AzureでいうとApplication Insights)やエラー検知ツール(Sentry)などの活用を考えるべき。

普段から詳細なエラーメッセージ(StackTrace)を出すことを考慮しておく。

当たり前だが、ログやエラーメッセージツールにしっかりと情報を吐き出すようにしておく(そのための検証を前もってしておくことが大切。)

デプロイ

CDのようになるべく自動化できるツールを用意しておく。

ありがちな点としては、

設定ファイルごとに切り分けるべき、環境ごとに分ける情報の書き換えが残ってしまった

が多いため、人手を通さずにデプロイできるようにしておくべき。

タスクコミュニケーション(タスク管理ツール) 主にストック系の情報に関して

現状、解決されていないエラーがどの程度残っているかがわかるようにツールで管理するなど、どのプロジェクトでもあるかとは思います。

記録系の情報を残すのでストック系の情報になると思います。

これまでの経験ではRedmine、Backlog、GoogleSpreadSheet、WBS、他独自テスト管理ツール(CAT)など使ってきました。

基本的にプロジェクトに合えばどれでもいいと思いますが、

  • 各人の作業進捗などが明確にわかること
  • フィルタリング機能(担当者、ステータス、期限、その他のカテゴリー)が容易で豊富なこと
  • ID=800のタスクがあった場合、そのページに容易に飛べること(URLの中に入っているなど)。要は目的の情報に早く辿り着けること。
  • チャットのようにメッセージのやりとりができること(ストック系の情報が残せること。)
  • 更新時にメールが飛ぶ、あるいは更新の検知が容易なこと(気付けないとやばい・・・)
  • ファイルの添付ができること。
  • その他検索機能が優れていること。

内部ではRedmine、外部も含めるとBacklogがベストかな・・と個人的には思います。

チャット 主にフロー系の情報に関して

ここ1年以上ずっとテレワークなので基本やりとりをチャットでするんですよね・・・外部のベンダーともやりとりをするとどうしても必要になってきますし、タスク管理ツールだけだとやはり限界があるので、リアルタイムで必要になってきます。

Microsoft製品を使っているので私はTeams使っているんですけど、一般的にはSlackですかね。

  • ポイントとしては、各人のやり取りがリアルタイムに行えること。
  • メンションを付けることができること。
  • 当たり前ですが、コミニケーションの中心となっていること

一般的にはフロー系の情報だったりするので、ストック系の情報など(決まった仕様などを話し合った場合は)はそれ用のツール(BacklogやRedmine)にまとめておきましょう。

-ドキュメント作成, プロジェクト管理
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

プロジェクトマネジメントについて

以前、主に座学で勉強したことをベースにプロジェクトマネジメントについて で書いたのですが、ここ2年ぐらい比較的大きめのプロジェクトを色々と経験させてもらったのでそこで得たことなどを。 Contents …

no image

ドキュメント作成について

アプリやプロジェクトのドキュメント作りですが、時間が立ったり、複数人での開発を行うと 情報の漏れや抜けが非常に多くなる 本番との差分ができる 一部の人しか更新しなくなる 似たようなドキュメントがあちこ …

no image

テスト分類について

一般的なテスト工程での分類や個人的に大事だと思うこと Contents1 全プロセス共通1.1 テストデータ作成バッチ1.2 ローカル、開発、ステージング、本番の分岐2 PT(プログラムテスト)、単体 …

no image

テスト仕様書の必要な項目の定義など(横項目の定義)

前回はテストの項目をどのように作るか(分類するか)だったんですが、今回はテスト仕様書などを作る際に必要な項目の定義をまとめてみようかと。 テスト仕様書を作るとしたら前回は縦(バリデーションの組み合わせ …

no image

新しいプロジェクトに入った時にやること

新しいプロジェクトに入った時に最初にすべきことややっておくことなど Contents1 仕様理解編1.1 ユーザーの行動遷移の理解1.2 キー系のデータの理解1.3 データグルーピング1.4 サンプル …

アーカイブ