skillup

技術ブログ

ドキュメント作成 プロジェクト管理

外結〜運用フェーズでの気をつけることなど

投稿日:

外結以降のフェーズで注意することなど。(主に障害発生時の原因切り分け)

エラーの情報伝達に関して

  • 発生時間
  • 再現動作
  • リクエストパラメータ
  • 特定度の高いデータ

データ齟齬によるエラーやコミュニケーションが多いため、外結開始時点でデータ作りを一緒に行っておくのが良いと思います。

ログの見方

システムによってはログの量が非常に膨大になるため、開始時間のヒアリングやログのNoなどを明確にしておくことにより、発見を容易にすることが大切。

サーバーに直で入れない、入れてもログ自体を検索することが容易ではない(通常のサーバーのように扱えない)ことも考慮し、ログ検知ツール(AWSでいうCloudWatch, AzureでいうとApplication Insights)やエラー検知ツール(Sentry)などの活用を考えるべき。

普段から詳細なエラーメッセージ(StackTrace)を出すことを考慮しておく。

デプロイ

CDのようになるべく自動化できるツールを用意しておく。

ありがちな点としては、

設定ファイルごとに切り分けるべき、環境ごとに分ける情報の書き換えが残ってしまった

が多いため、人手を通さずにデプロイできるようにしておくべき。

タスクコミュニケーション(タスク管理ツール)

現状、解決されていないエラーがどの程度残っているかがわかるようにツールで管理するなど、どのプロジェクトでもあるかとは思います。

これまでの経験ではRedmine,Backlog,GoogleSpreadSheet、他独自テスト管理ツール(CAT)など使ってきました。

基本的にプロジェクトに合えばどれでもいいと思いますが、

  • フィルタリング機能(担当者、ステータス、期限、その他のカテゴリー)が容易で豊富なこと
  • ID=800のタスクがあった場合、そのページに容易に飛べること(URLの中に入っているなど)
  • チャットのようにメッセージのやりとりができること
  • 更新時にメールが飛ぶ、あるいは更新の検知が容易なこと
  • ファイルの添付ができること

内部ではRedmine、外部も含めるとBacklogがベストかな・・と個人的には思います。

チャット

ここ1年以上ずっとテレワークなので基本やりとりをチャットでするんですよね・・・外部のベンダーともやりとりをするとどうしても必要になってきますし、タスク管理ツールだけだとやはり限界があるので、リアルタイムで必要になってきます。

Microsoft製品を使っているので私はTeams使っているんですけど、一般的にはSlackですかね。

-ドキュメント作成, プロジェクト管理
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

小〜中規模程度のWEBアプリ作成で気をつけるべきこと

初見の処理系(ライブラリ操作)などは休日などで最小パターンを確認しておくこと。実務で何時間も悩むと非常にストレスがたまる テーブル設計命。あとで終えるようにトレースができるような値を入れておくこと。 …

no image

障害報告などでの伝える情報の視点

障害の重要度(後続タスクにブロックがあるかいなか)、調査原因(仕様不理解、設計考慮もれ、ケアレスミス)、影響度(画面単位などで) 障害が起こっているデータ(あるいはスクショなどで伝えられるか) 再現プ …

no image

基本設計書(シーケンス図)

基本設計書で気をつけるポイントなど。 要件が決まっており、処理の遷移や流れなどを知る時に、便利なのがシーケンス図だと思います。 アジャイルでもざっくり処理の流れを書いておけば、認識合わせに大分役立つは …

no image

ドメイン決定&業務フローとの対応確認

Contents1 ドメイン決定2 業務フローとの対応2.1 実際の業務とエンティティ、画面の遷移2.2 ドメインのCRUD分析 ドメイン決定 業務フローを抽出し、エンティティを抽出した段階で次にドメ …

no image

データベースのテスト環境作成

現在作っているシステムのリリースが近づいており、本番に近い環境を作成しお客様に見てもらうことに。 こういった手順はマニュアル化しておいたほうが楽だろうと思い、自分的にメモ 1 現状運用されているデータ …