skillup

技術ブログ

プロジェクト管理

総合試験でのテスト内容など

投稿日:2022年1月29日 更新日:

現在のプロジェクトが総合テストの段階に入っておりますが、総合テストで見るべき観点など。実際に自分らはテストしてなくて、障害があったときの対応をしているのですが(汗)

シナリオテスト

単一の機能や画面などではなく、お客さんの利用用途にそって一連のシナリオでテストをするケース。

ポイントとしてはやはり生きた実データの流れやデータシュミレーションを設計段階から意識しておくことでしょう。

シナリオ作成時に生きたデータを作るために、現場の方にある程度入っていただいた方が良いかと思います。

負荷テスト

データ量が増えた時や大量の負荷があったときに500エラーとなったりしないか。

これはプログラムだけではなく、サーバーやDBの性能などにもかかわってきます。

DBのデータ量を増大にすることもこのテストの1つになってくると思います。

また大量のリクエストが投げられた時の耐久度を個人で測るのは難しいので、ツールを使いましょう。

「JMeter」

https://jmeter.apache.org/

DBのコネクションの増大なのでアクセスできなくなる・・・なども発生しましたので、超基礎ですがコネクションクローズ処理などを見直しておきましょう。

try{}catch{}finallyではなくtry{}finallyになることに注意しましょう。

【簡単】Webシステムの負荷テストツール(JMeter)の使い方

[JMeter] JMeter による負荷試験の実施手順

セキュリティテスト(脆弱性)

いわゆるSQLインジェクション対策やHTMLエスケープなどがしっかり行われているかなど。

これに関しては純粋なコーディング段階で検知できるものが多いとは思います。

なるべくツールで検知できるようにし、目視でのコストを減らすこと。

コーディング規約の中でチェック項目として書かれていればOKですね。

セキュリティに関して特に、有名なのは以下の本ですかね。

体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 第2版 脆弱性が生まれる原理と対策の実践

まとめ

ここであげられたようなことは、比較的テストの後半で見られることが多いと思いますが、

シナリオテストで想定された仕様と違っていた・・

負荷テストでデータ量を増やした、あるいはリクエストを増大させたところPGを書き換えないと対応するのが難しい・・・

などですとコードを結構書き換えることになります。(それまでやった単体テスト、結合テストを一部やり直す羽目になります。)

ですので、直前であわてるのではなく、設計段階で少なくともデータ量と想定されるレスポンス時間に関してはある程度、把握した前提で設計~実装を行う必要があるかと思います。

-プロジェクト管理
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

コードレビュー時のポイント

コードレビュー(仕様的な点ではなくて規約的なところのチェック)などで気をつけることなど。 ポイントとしては検知ツールで確認するコストを減らすことが一番大事(カスタマイズの方法について調べておく)、ある …

no image

エンジニアの評価指標の策定について

営業の方であれば、月間の売上以外に新規の見込み数や、見込み客でも確度別の分類数など様々な指標で評価されることが一般的だと思います。 これらは「結果」に対する指標なのですが、それ以外でも見込み客に対する …

no image

外結〜運用フェーズでの気をつけることなど

外結以降のフェーズで注意することなど。(主に障害発生時の原因切り分け) Contents1 エラーの情報伝達に関して2 ログの見方3 デプロイ4 タスクコミュニケーション(タスク管理ツール) 主にスト …

no image

設計業務での改善点など

比較的大規模なプロジェクトの設計段階で思ったことなど。会議など頻繁に開かれると思いますが、聞いているだけだったり、各人が色々なことを喋って内容がまとまっていなかったり・・結局何をやりたいかわからなくな …

no image

ディレクション時に重要な視点

ディレクション(ベンダーや内製時)時に留意するポイント Contents1 開発ルールの構築2 アサインと人材スクリーニング3 言葉の共通化(特にアウトプット)4 問題化のキャッチアップ5 リソースの …

アーカイブ