skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

Code4兄弟に関して(CodeCommit,CodeDeploy,CodeBuild,CodePipeline)

投稿日:2022年4月3日 更新日:

前回の記事で書いたCodeDeploy以外にもCI/CD絡みで色々と使用するサービスがあるので自分用にメモ。

Code兄弟なっていうようで・・・・

各サービス

CodeCommit

AWS上のGitHubみたいなもの。後述するサービスと連携させることができる。

CodePipeline

CircleCIのようにビルドやテスト、デプロイなど各タスクの手続きなどを、まとめて記載することができる。CodeBuildとCodeDeployの連携など。

CodeBuild

Docker環境でソースのビルドやS3へのアップロードを行うことができる(CircleCIのビルド部分を自動化するイメージ?)

処理のイメージ

  1. ソースがcodeCommitにプッシュされ、S3に配置される(CodePipelineのSource)
  2. S3からソースを取得して、CodeBuildでビルド実行(ライブラリのインストールなど)し、ビルド結果をS3に再度アップロード
  3. CodeDeployでビルドされたものをEC2上にデプロイ

上記の流れをCodePipelineで統括しているイメージ

実際の構築作業

  1. CIツールからcodeCommitに繋ぐ場合は、入口となるCodeCommitユーザーの作成(鍵登録+IAMの付与)
  2. buildspec.yamlファイル(実際にCodeBuildで実行されるビルドプロセス)を実装
  3. CodePipelineへのソース(CodeCommit)とビルド(CodeBuild)の登録
  4. CodePipelineへのデプロイ(CodeDeploy)の登録

ちなみに、上記に関しても前回同様の以下の記事の7章にものすごく詳細に書かれてます。スゴイ・・・

Laravel × CircleCI × AWSで学ぶCI/CD

-サーバー・ネットワーク
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ECSについて

AWSでwebアプリを立ち上げる場合、基本的にはEC2+RDS(小規模な場合は使わないケースもあるかも・・)+アルファの構成が多いと思うのですが、Dockerでコンテナイメージをもっていれば、コンテナ …

no image

ネットワークコマンドについて(ping,nslookup,host,digなど)

前回のDNSの時にレコードタイプについて調べましたが、以前からあやふやだったネットワーク系のコメントについても調べてみようかと思います。 参考リンク 名前解決・疎通確認する際の基本的なLinuxコマン …

no image

ロードバランサーの構築(dockerを例に)

以前から興味のあったロードバランサーをdockerで構築。 Contents1 ロードバランサーとは?1.1 定義1.2 メリット1.2.1 負荷軽減1.2.2 可用性の向上1.2.3 拡張性の向上1 …

no image

負荷調査のセオリー

以前にも下記リンクで負荷調査について記事を書いたんですが、もう少し掘り下げてみようかと。 サーバーの過負荷の発見 理論編 サーバーの過負荷の発見 メモリ使用率の調査&抽出、置換(awk,sed)コマン …

no image

SSLの設定に関して

実務でサーバーにSSLの設定をすることがあったので書いておきます。 Contents1 SSLとは?1.1 ファイルの設定方法2 設定方法全般に関して2.1 秘密鍵2.2 サーバー証明書と中間証明書の …

アーカイブ