skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

Code4兄弟に関して(CodeCommit,CodeDeploy,CodeBuild,CodePipeline)

投稿日:2022年4月3日 更新日:

前回の記事で書いたCodeDeploy以外にもCI/CD絡みで色々と使用するサービスがあるので自分用にメモ。

Code兄弟なっていうようで・・・・

各サービス

CodeCommit

AWS上のGitHubみたいなもの。後述するサービスと連携させることができる。

CodePipeline

CircleCIのようにビルドやテスト、デプロイなど各タスクの手続きなどを、まとめて記載することができる。CodeBuildとCodeDeployの連携など。

CodeBuild

Docker環境でソースのビルドやS3へのアップロードを行うことができる(CircleCIのビルド部分を自動化するイメージ?)

処理のイメージ

  1. ソースがcodeCommitにプッシュされ、S3に配置される(CodePipelineのSource)
  2. S3からソースを取得して、CodeBuildでビルド実行(ライブラリのインストールなど)し、ビルド結果をS3に再度アップロード
  3. CodeDeployでビルドされたものをEC2上にデプロイ

上記の流れをCodePipelineで統括しているイメージ

実際の構築作業

  1. CIツールからcodeCommitに繋ぐ場合は、入口となるCodeCommitユーザーの作成(鍵登録+IAMの付与)
  2. buildspec.yamlファイル(実際にCodeBuildで実行されるビルドプロセス)を実装
  3. CodePipelineへのソース(CodeCommit)とビルド(CodeBuild)の登録
  4. CodePipelineへのデプロイ(CodeDeploy)の登録

ちなみに、上記に関しても前回同様の以下の記事の7章にものすごく詳細に書かれてます。スゴイ・・・

Laravel × CircleCI × AWSで学ぶCI/CD

-サーバー・ネットワーク
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

dockerコマンドについて再考(ttyや/bin/bashなど)

Contents1 ttyオプションに関して2 docker execコマンドに関して2.1 ログインしないパターン2.2 shellに関して ttyオプションに関して dockerでnodeを起動さ …

no image

rewriteディレクティブ

リクエストURIを条件に応じて書き換えたり、リダイレクトする機能を使うときはrewriteを使います。こちら非常によく使う機能です。 具体的な例を見ていきましょう。 [crayon-66753e669 …

no image

docker-compose(CentOS7系やMySQLのオプションなど)

以前、docker-composeを使った記事は使ったのですが、 実際にCentOS7やMySQLを扱った時につまづいたことなどを。 Contents1 CentOS7系のメモ1.1 docker-c …

no image

vagrant 複数ホストを起動

ansbileを使おうと思ったんですが、ansibleはホスト1→ホスト2という構成になっているため、2台のホストがないと使えません。 MACであればローカル環境からいけますし、Windowsでもcy …

no image

S3 commandPoolについて

S3のcommandPoolに関して。 S3にファイルをアップロード、ダウンロードするときに、1つ1つファイルをアップロード、ダウンロードすることが一般的かと思いますが、ファイル数が多くなるとなかなか …

アーカイブ