skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

IAMユーザーについて

投稿日:

AWSを使う際のIAMユーザーなどについてメモ。

主にユーザー、グループ、ロール、ポリシーについて。

参考リンク

【AWS IAMとは?】初心者にもわかりやすく解説

AWS初心者にIAM Policy/User/Roleについてざっくり説明する

基本的な考え

「認可」と「認証」を行う重要なサービス。

認証・・相手が誰なのか確認すること

認可・・特定のリソースへのアクセス権限を与えること

ユーザー

AWS自体を使用するアカウント。

AWSルートアカウントと呼ばれるルートユーザーに近いようなアカウントもあれば、IAMアカウントと呼ばれる特定のリソースへの許可が許されたアカウントも存在する。(Linuxでいう非ルートユーザーに近いと思う。)

ともに特定のアクセスIDとシークレットアクセスキーを使ってAWSリソースにアクセスができる。

グループ

複数のユーザーをまとめて扱いたいときにグループを使う(Linuxのユーザーと近い概念だと思う。)

ポリシー

ユーザーや後述するロールに付与することのできる1つ1つの権限許可。

基本的にはユーザー、グループ、後述するロールは複数のポリシーの集合体となることが多い。

例として、以下のようなもの

AmazonS3FullAccess・・S3へのフルアクセス権限

上記のようにAWSが最初から用意しているディフォルトの管理ポリシーもあれば、独自にJSONファイルで設定するようなカスタマー管理ポリシー(細かいIPなど)、インラインポリシー(通常ポリシーは複数のユーザーに設定することが可能だが、そうではなく1つのユーザーに1:1でひもづくポリシーのこと)などがある。

ロール

ユーザーではなく、EC2などサービス自体に操作権限を付与する仕組み。

EC2やlambdaなどで使われる。

-サーバー・ネットワーク
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ansible mysql,cronなど

Contents1 ansibleでのMySQlのインストール (CentOS6)2 ansibleのcronインストール3 任意のコマンド4 ansibleオプション ansibleでのMySQlの …

no image

GitLabのWebhook

前回の記事でGitLabのCI/CDを特集しましたが、実は今回やりたかったのはそこまで大掛かりなCIではなく、プッシュ時にオートマージ、オートデプロイなどでしたので、もっと簡単な仕組みでできます。 例 …

no image

phpenvで入れたphpの起動スクリプトに関して

以前、CentOS7.7にphp5.3を入れるという案件がありましたが、yumなどでは入らないため、phpenvで入れました。 phpenv5.3+php-fpm が、起動スクリプトを配置していないこ …

no image

URLのリライトに関して

laravelのアプリをサブディレクトリ(notサブドメイン)に配置しなくてはならないケースがあり、.htaccessと格闘したのでメモを。 このパターンはハマりが多いですね・・・ http://sk …

no image

IAMユーザー、ロールのポリシーの付与など

以前、↓のリンクでIAMの基本について少し扱ったので、もう少し具体的なパターンについて。 IAMユーザーについて 押さえておきたい概念としてはやはり ユーザー・・特定のキーなどでログインするユーザー …

アーカイブ