skillup

技術ブログ

プログラミング全般

PHPの例外クラスについて

投稿日:

PHPの例外クラスについて今まで一方的にExceptionで受けており、それ自体は問題なさそうですが、

一応再度確認。

エラークラスの分類

例外処理について その2

Throwableに関して

上にあるように、Throwableが全ての上位クラスで、その下にErrorとExceptionがあり、try{}catch(Throwable )・・・のようなコードを書くとErrorクラスをキャッチしてしまうが、Errorクラスに関しては

  • エラーの範囲が広く、抽象的になる
  • 開発時点で潰しているべきエラー

といった意見もあり、try〜catchに関してはExceptionを使うことが一般的。

ただ、あえてそういったエラーも拾うのが意図ならcatchするのもありかも・・・・

Exceptionsに関して

できればこれを継承して独自の例外クラスを作り、throwした方がベター。

Exceptionsクラスをより具体化し、原因の判別をより迅速に行うため。

参考リンク

\Throwableをcatchしないで」と伝えていく

お前は PHP 7 における Fatal Error / Catchable Fatal Error / Error / ErrorException / Exception の違いを言えるか?

PHP) Exceptionエラー設計原則とアプリケーションへの導入

-プログラミング全般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

バッチスクリプトで気をつけたい点

実務でバッチ処理を作る際に気をつけるべきと思ったこと。 基本的にエラーをいかに捉えていかにログに吐くかを最初に考える。まずはエラーありき。失敗するもの、想定した値がこない、あるいは値がないを前提として …

no image

コーディングについての気づき

現在の現場でコーディング関連で勉強になっているポイントについてまとめてみようかと思います。 Contents1 自動化2 命名3 責務の分離4 その他 自動化 規約エラーなどなるべく自動化できるものは …

no image

命名規則について

リーダブルコードシリーズ第2段、名称について。 コードにおいては名称がとても大切で、正しい命名づけなどはなかなか難しいです。 以下に大事で重要だと思ったポイントを。 Contents1 具体的でわかり …

no image

webの仕組み その1 Webの基本的なイメージ

Webの仕組みについて基礎からちょっと勉強しようかと。自分用なのでまとまってません(爆) Contents1 Webの基本的なイメージ2 HTTPメソッド Webの基本的なイメージ ネットワーク上のリ …

no image

例外・エラーに関する考察

えー今現在、設計の仕事をしていますが、今までいい加減だったエラーの処理を見直すいいきっかけになってます。 半年前にも同じような記事書いてますねー。苦手意識は変わらないようです・・(汗) 例外処理に関し …

アーカイブ