skillup

技術ブログ

PHP プロジェクト管理

CI/CDに関する取り組み

投稿日:2022年4月23日 更新日:

CI/CDに関して知識としては5年以上昔から持ってましたが、実際にプロジェクトの中に取り組むことができるようになったのはつい最近なので、取り込みが現実的なものに関してどのように取り組んでいくかといったことも。

サンプルソースは

https://github.com/umanari145/effector

コード規約チェック

phpcs(2022年4月時点でPSR12)を使用。現実的にはエディタなどでチェックが入り、すぐ気づけるようにしておき、コード時を書くときに潰せることが大前提(コミット時やプルリク時のみで見ることは現実的ではない)

トータルのチェックをCIツールやcommit時のhookでチェックするのが良いかと・・・(エラーだと失敗するようにする)

無視ルールも随時設定が必要。

静的解析

phpmdなどあるようですが、外部サービス(sonarqubeやscrutinizer)を使う方が一般的な模様。NGの場合コードをすぐに落とすよりは品質が数値化され、目に見えるのが良いと思います。

自動テスト

おそらく一番自動化が難しい。

ポイントして大量のマスタデータ(できれば1000以内)がないこと。これがあるとテストのたびにマイグレーション&seedingがはしり、時間がかかりすぎてしまうため。

あとはmocやlocalstackなどを使い外部サービスとの連携をいかにテスト化できるか、またテストコードを書くことで当然開発工数が圧迫されるので、それを許容できる文化(お金)があるか。

ある程度折り合いをつけることも必要。

自動デプロイ

ある程度の規模になるとほとんどのシステムでは複数のサーバーやインスタンスを使っているため、必然的に取り入れることが多くなる。

手動デプロイ自体ができない&コストがかかるといったケースの方が多いと思われるので逆にいうと導入しやすい。

ドキュメント作成

あまり見たことがないですが、phpDocumenterなど使い、コミット時にファイルをエクスポートできるようにするといいのでは。

-PHP, プロジェクト管理
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

キャッシュについて(主にmemcachedを中心に)

Webサービスのパフォーマンス向上で目に見えて効果があることの一つがDBへのアクセス回数を減らすことです。 それはSQLを発行する回数を少なくするなど、普段からのプログラムの書き方ももちろん大事なので …

no image

PHPでのメール送信&カレントディレクトリ

PHPの小ネタ集です。 Contents1 メールでの改行2 PHPでのカレントディレクトリ メールでの改行 メールで改行する場合、いつも\nでOKだったんですが、本日これで送信すると送れないというバ …

no image

laravelでの名前空間変更

laravelでの名前空間変更について。 laravelでモデルの場所はディフォルトだとapp/直下に作られます。 これをapp/Modelというディレクトリを作ってnamespaceを正常に定義した …

no image

phpmdによるコードチェック

現在のプロジェクトですが、コードレビューなどをされる環境にはないため、一人で書いていると自然と規約とずれた書き方になっていることもあります。 規約通りに書こう、書こうと思っていてもなかなかその通りに書 …

no image

ブランチ構成について

gitのブランチ構成などについて少しまとめてみようと思います。 Contents1 ブランチ一覧1.1 feature1.2 develop1.3 staging1.4 production2 ブラン …

アーカイブ