skillup

技術ブログ

アーキテクト設計全般

DIについての再考察

投稿日:2022年4月23日 更新日:

DIに関しては今までも何度か触れましたが、最終的には環境の差異を吸収できるなどが一番のポイントかと。

サンプルソース

https://github.com/umanari145/effector

上記のソースでは主に郵便番号を呼ぶときにローカルだとJSON、それ以降の環境ではAPIをよぶなんてやってますが、

で、テストを書いている時もローカルクラスを使うか、APIを使うかを自動で読み込んで欲しい時なんてのがあります。

そんな時には、以下のように書けば動きます。

effector/tests/Service/PostServiceTest.php

 

これはPostServiceの中にAddressRepositoryInterfaceがあり、

AddressRepositoryInterface
→ローカル時はLocalAddressRepository
→開発時はApiAddressRepository

といった構成。

コード本体は以下のようにDIコンテナでAddressRespositoryInterfaceを使い分けており、環境によって実装クラスが異なる。
effector/app/Providers/AddressServiceProvider.php

DIで大事なことは以下2点かと思います。

  • 環境ごとに呼ばれるクラスが異なる
  • それに関連する依存クラスも自動的に紐付けがされる

わかりやすい参考サイトがあったのでリンクを。

【Laravel】サービスコンテナとは?2つの強力な武器を持ったインスタンス化マシーン。簡単に解説。

リポジトリパターンと Laravel アプリケーションでのディレクトリ構造

↑非常にわかりやすいローカルとAPIの差異に関して。(ほぼサンプルと同じパターン)

-アーキテクト設計全般

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

オブジェクト指向 データベース層

本日も引き続き「現場で役立つシステム設計の原則」を読み進めてます。 本日は主にデータベース層の考え方について。 Contents1 データべース層1.1 要点1.1.1 典型的なダメテーブル設計1.1 …

no image

HTTPリクエストの分類について(POST、PUT、PATCT)

HTTPリクエストの分類(主に更新系のもの)について。 Contents1 POST2 PUT3 PATCH POST 更新系の代表的なHTTPリクエストですね。 通常はデータの取得=GET、更新=P …

no image

値オブジェクトやファーストコレクションなどについて

以前から言葉としては知っていたけれど、オブジェクト思考の重要な概念に関して。 Contents1 値オブジェクト(Value Object)2 ファーストコレクション(コレクションオブジェクト) 値オ …

no image

オブジェクト指向 アプリケーション層に関して

本日も引き続き「現場で役立つシステム設計の原則」を読み進めてます。 本日は主にアプリケーション層(以下AP層)。MVCモデルでいうところのコントローラーに近い?)の考え方について。 Contents1 …

no image

オブジェクト指向 クラスの設計と業務ロジックの整理

本日も引き続き「現場で役立つシステム設計の原則」を読み進めてます。 本日は主にクラスの作り方について。 Contents1 クラス設計と業務ロジック1.1 要点1.2 感想 クラス設計と業務ロジック …

アーカイブ