skillup

技術ブログ

アーキテクト設計全般

値オブジェクトやファーストコレクションなどについて

投稿日:2022年7月14日 更新日:

以前から言葉としては知っていたけれど、オブジェクト思考の重要な概念に関して。

値オブジェクト(Value Object)

業務上で使われる値を数字や文字列などといったプリミティブ型ではなく、制約を持たせたクラスとして持たせること

例としては会員番号などの業務上特定の意味を持つ文字列や番号などに付けるのが最適

  • 型やサイズなど値の判定をインスタンス生成時に行うことができる
  • 値の正常性を担保でき、不整合な値などはインスタンス生成時に排除することができる
  • 生の値に直でアクセスせず、制約を付けることでイレギュラーな挙動を制御できる
  • 業務での関心事とソースの構造の粒度を合わせることができる
  • セットした値は基本変更しないことで制約を強くすることができる
  • 少し近い概念としてENUMなど

ファーストコレクション(コレクションオブジェクト)

主に計算系の処理(ECでの計算などに関して)に関してその値に対しての処理を1つのクラス内でまとめて処理すること

  • データに対する操作に対しての制約を付けることができる
  • データに対する操作の責務を一任できる
  • コレクションを不変にして外部に渡すことであるクラスの挙動を一任できる
  • 外からアクセスできないようにすることで値の有効性を担保できる

現場で役立つシステム設計の原則

ファーストクラスコレクションとは【デザインパターン】

 

-アーキテクト設計全般
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

オブジェクト指向 アプリケーション間連携(主にWebAPI)

本日も引き続き「現場で役立つシステム設計の原則」を読み進めてます。 本日はプレゼンテーション層、いわゆるMVCのViewにあたる部分。 Contents1 アプリケーション間連携(主にWEBAPIに関 …

no image

オブジェクト指向設計 柔軟なインターフェイス

オブジェクト指向シリーズ。今回はインターフェイスについて。 インターフェイスといっても、implementsを使った実装だけではなく、要はあるクラスが外部の窓口となるときに使うメソッドってことだと思う …

no image

APIに関して

RESTAPIのルーティングで気をつけることなんぞを。 直近のプロジェクトではRESTAPIを作ることが多かったんですが気をつけることなんぞを。 Contents1 仕様書はソースから2 ツール3 命 …

no image

オブジェクト指向 データベース層

本日も引き続き「現場で役立つシステム設計の原則」を読み進めてます。 本日は主にデータベース層の考え方について。 Contents1 データべース層1.1 要点1.1.1 典型的なダメテーブル設計1.1 …

no image

Facadeパターンについて(Laravelを題材に)

LaravelのFacadeについて自作する機会があったので、メモ。 デザインパターンの一種かと思います。 Contents1 サンプル2 使い所3 メリット4 デメリット5 参考リンク サンプル h …

アーカイブ