skillup

技術ブログ

プロジェクト管理

スプリントレビューについて

投稿日:

現在の現場では主に画面系の機能をベースにスプリントレビューを実施しています。

私はほぼ見学みたいなものなんですが、これを機にスプリントレビューについてちょっとまとめてみようと思います。

以前のアジャイル開発の記事では、まとめたものを「アジャイル開発」という記事に記していました。

スプリントレビューの目的

関係者全員を巻き込む

スプリントレビューですが、一般的な開発者とレビュアーだけでなく、ユーザーなどプロダクトの関係者全員を巻き込むことが一般的なようです。

一般的にユーザーの方は忙しく開発中に成果物を見れないことが多いのですが、少しでも参加してもらうことによって実際の成果物と要件のずれを最小限に抑えることができます。

成果物のフィードバックを短い期間で行うことができる

スプリントというのがスクラム開発で行われる時間の1つの単位でして、1週間程度が一般的なようです。この単位で成果物をレビューしていただくことで細かいフィードバックを関係者から得ることができます。

アジャイル開発の目的として、短い期間でのフィードバックがあると思いますが、仕様の齟齬を防ぐというのもありますし、冒頭で紹介したようなプロダクトを育てるという意味合いもあります。

今後の開発の方針を決められる

システムってやはり画面を見ないとわからないことが多いため、実際に成果物を見てもらい、関係者からフィードバックを得られることによって、プロダクトの今後の課題点などを決めることができるのが大きいでしょう。

他参考リンク

スプリントレビューの進め方

-プロジェクト管理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

手動テストと自動テストのメリデメについて

自動テスト環境で作業をするようになって1年近く経ちますが、現在の案件でも手動テストはやっております。 一般的には自動テストをがっちりと装備するのがいいと言われがちですが、やはり自動テストのデメリット、 …

no image

文化づくりについて(チームビルディングに関して)

プロジェクトやチームの文化づくりについて。 エンジニアに限らず塾運営スタッフ時代から感じていたことなどを。 全く同じ仕事をしていても職場の文化というのは全く違うもので、ある場所で当たり前なことが別の場 …

no image

設計業務での改善点など

比較的大規模なプロジェクトの設計段階で思ったことなど。会議など頻繁に開かれると思いますが、聞いているだけだったり、各人が色々なことを喋って内容がまとまっていなかったり・・結局何をやりたいかわからなくな …

no image

使える設計書作成に関して

私自身、この仕事を7〜8年やっておりますが、設計書作成については常に悩まされておりました。 設計書のメリット・デメリットとしては以下のようなものですかね。 メリット メンバー間での仕様の認識を統一でき …

no image

採用の重要性と一般的な採用の問題点について

私自身は現時点では経営者でも人事でもないのですが、学習塾運営スタッフ時代から講師の採用は少ししていたのと、以前の会社でも規模が小さいということもあり、多少関わらせていただきました。 そこで思ったことを …

アーカイブ