skillup

技術ブログ

プロジェクト管理

KPT法について

投稿日:

プロジェクトを進めていく上では、いいこと、悪いこと様々あるかと思いますが、

  • よかったものは続け(Keep)、
  • 問題点に関しては直視し(Problem)、
  • 改善を試みる(Try)

のが良いかと思います。上記をKPT法などというようです。

プロジェクトの進行区分となる、ある程度短い期間(2、3ヶ月)で行うのが適切かもしれません。

以前のプロジェクトでもありましたが、年1とかでやっていたのと、振り返ろうにも散々問題が出尽くした後だったり、振り返った後、メンバーの大部分が入れ替わってしまって効果が薄くなってしまった・・・などの経験がありました。

フィードバックが生きるレベルの期間で行うことが大切ですね。

さらに改善案に関してはメリット、実行難易度(コスト)、優先順位などを考えておくと良いかと思います。

改善案の全てが実行できるわけではないので、実行難易度が低く、メリットが大きいものが優先です。

-プロジェクト管理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

エンジニアの評価指標の策定について

営業の方であれば、月間の売上以外に新規の見込み数や、見込み客でも確度別の分類数など様々な指標で評価されることが一般的だと思います。 これらは「結果」に対する指標なのですが、それ以外でも見込み客に対する …

no image

文化づくりについて(チームビルディングに関して)

プロジェクトやチームの文化づくりについて。 エンジニアに限らず塾運営スタッフ時代から感じていたことなどを。 全く同じ仕事をしていても職場の文化というのは全く違うもので、ある場所で当たり前なことが別の場 …

no image

開発時最低限必要かつ有用なドキュメントに関して

ウォーターフォール型の開発をかれこれ1年近くやっております。 自分がやってきた仕事とすると別職種に近いようなイメージでしたが、得ることも多かったため、ここに記しておこうと思います。 以前書いたことの記 …

no image

プロジェクトマネジメントについて

ある程度、大規模なプロジェクトを経験させていただき、経験だけでなくプロジェクトマネジメントを体系的に理解しておきたいため、ポツポツと本を読んでます。 比較的初心者でも読みやすいと思った本としてを2冊メ …

no image

レビューについて

以前、コードレビューそのもののポイントについてはコードレビュー時のポイントでまとめましたが、レビュー自体の体制の注意点やそこでの気づきなど。 Contents1 目的2 定型的なものはチェックリストを …

アーカイブ