skillup

技術ブログ

アーキテクト設計全般 プロジェクト管理

スクラム開発をやってみて

投稿日:

アジャイルの定義に関してはエンジニアによって色々なものがあると思われますが、自分の場合一番綺麗に説明されているな・・・と感じたのは以下の記事でも紹介した書籍でした。

アジャイル開発について

現場ではただいまスクラム開発をやっております。

アジャイルやスクラム開発など言葉の定義がいろいろとありますが、スクラム開発の定義を一言で言うと

「比較的小規模な開発単位(スプリント)をゴールとして、細かいリリースを積み重ねていくこと」ということになるかとおもいます。

この開発のメリットとしては、

  • 小規模なリリースを積み重ねることでアウトプットを少しずつみせられる
  • ユーザーからのフィードバックをもらいやすい
  • リリースが1〜2週間となることことで作業に緊張感が生まれやすい
  • タスク管理がより容易に可視化される

のようなことが挙げられるかと思います。一般的にはやはりゴールがないWeb系の自社開発系のプロダクトに向くのかなと思っております。

デメリットとしては以下のようなことが挙げられるでしょうか。

  • ウォーターフォールのような明確なゴールがないため、ユーザーのフィードバックをそのまま聞いているとプロジェクトが肥大化する
  • 仕事を振る側のタスク管理スキルがより要求される
  • 変更が激しいので、品質の担保としては自動テストが必須になる
  • メンバーのスキルが比較的高い水準を要求される

ただ、私としてはなんちゃってアジャイル(ただ単に仕様書がないだけの開発)が多かったので、こういった開発理念がある開発手法を学べているのは先進的でした。

アジャイルの理念はドキュメントがないことではなく、開発単位は「価値を提供できる最小限のプロダクト」を「小さく(インクリメンタル)すばやく(イテレーティブ)作ること」ですからね・・・

上記の理念を踏まえた開発手法を取り入れていきたいと思います。

-アーキテクト設計全般, プロジェクト管理
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

情報管理、進捗管理について

管理業務を少しつずつやるようになりまして、情報管理や進捗管理がメインになりました。 その場合、比較的イレギュラーなケースの情報管理が面倒でして、自分の場合、特に 今やっている作業(開発やdocumen …

no image

CI/CDに関する取り組み

CI/CDに関して知識としては5年以上昔から持ってましたが、実際にプロジェクトの中に取り組むことができるようになったのはつい最近なので、取り込みが現実的なものに関してどのように取り組んでいくかといった …

no image

Observeパターンについて

Contents1 Observeパターン2 他の対策2.1 プログラムで頑張って制御2.1.1 メリット2.1.2 デメリット2.2 Databaseのtirggerを使う(DB更新系のみ)2.2. …

no image

ブランチ構成について

gitのブランチ構成などについて少しまとめてみようと思います。 Contents1 ブランチ一覧1.1 feature1.2 develop1.3 staging1.4 production2 ブラン …

no image

業務フローの分解について

上流工程を担当するようになり、プロジェクトマネジメントや、要件定義、業務フロー分解などについて勉強しておいたほうがいいなーと思い、最近では読書をしております。 本日読んでわかりやすかった本は「はじめよ …

アーカイブ